おすすめの将棋漫画一覧ランキングベスト3!第1位はあの名作漫画!【感想・レビューあり】

Pocket

日本には数多くのジャンルの漫画がありますが、ここでは
私がおすすめする将棋漫画の一覧について
ランキング形式で紹介をしていきたいと思います。

また私が実際に読んでみた感想(レビュー)も語っていきたいと思います。

 

 

はじめに

日本は漫画大国というように言われていますが

「本当に漫画が多い!!」

私が子供の頃は週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなどの
メジャー雑誌しかないのかなと思っていましたが
今は当時(30年以上前)と比べて本当に漫画雑誌が多くなっていますし
なんなら「web漫画」なるものも出てきています。

なので、面白い漫画を読みたいと思っていても
本当に面白いと思える漫画に出会えない!

これが現状ですよね~

 

ネットで面白い漫画を調べようとググってみると
色々な漫画を紹介しているブログに出会いますが

「明らかに読んでないだろっ」と思われるブログが多すぎっ!!

正直、そんなブログを見ても内容が薄すぎて見る気にならないんですよね~

いやいや、そんな紹介だったら公式ホームページを見りゃ分かるよ。

と思ってしまうんですよね~。

「毒にも薬にもならぬ」とはこのこと

そんな記事読んでいて意味ありますかね?

せめて毒か薬になれよ!

と思ってしまう訳です。

 

このブログでは

“私が読んだ漫画しか載せません”

ですので、ランキングされている漫画の数は少なくなってしまうのですが
ちゃんと全巻を読んで、自分が率直に思った感想を交えたうえでランキングしたいんですよ。

ランキングって完全な主観なので、当然私の好みは出てしまいますが
このブログで紹介している漫画が客観的に見て
どんな人におすすめなのかという点についても書いていきたいと思います。

 

他のブログのように将棋漫画にどんな漫画があるのかその一覧表を見たい

というような感じではなくて、

どんなところが面白いのか?

どのシーンに心がうごかされるのか?

この漫画を読んで学びになったことは何か?

みたいな事も書いていますので、
ランキングに掲載した漫画を読んでもらえたら嬉しいです。

 

逆にこんな将棋漫画も面白いよというものがあったら教えて下さい。

その漫画を読んでランキングに入れたいと思います。

 

それでは前置きが長くなりましたが
将棋漫画ランキングに行ってみましょう!!

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

第3位 ハチワンダイバー

作者:柴田ヨクサル(将棋監修:鈴木大介)
出版社:集英社
掲載誌:週刊ヤングジャンプ
掲載期間 2006年41号~2014年33号
巻数 全35巻

 

【あらすじ】

主人公の菅田健太郎は子供のころから将棋プロになることを目指していましたが
プロテストの高い壁にぶつかり、夢を実現できませんでした。


(主人公の菅田健太郎)

結局定職にもつかず、アマチュアの将棋指しのまま
賭け将棋を行い飯を食いつないでいた菅田健太郎に
秋葉原に凄腕の女流棋士がいるという噂が入ってきます。

その女流棋士こそが「アキバの受け師」の異名をとっている中静そよです。


(アキバの受け師こと中静そよ)

アキバの受け師と対戦して完敗した菅田健太郎。

一方、菅田がたまたま呼んだ出張型のメイド派遣サービスで
菅田の家に来たのが、まさかの「アキバの受け師」こと中静そよでした。

この出会いから菅田健太郎の将棋人生は劇的な変化を遂げていきます。

中静そよの下で着実に実力をつけていく菅田健太郎

そして二人が挑む最終目標とは?

将棋漫画でありながら、まさかまさかの展開で
ロールプレイングゲームのようなストーリーを見せる
将棋をベースにした冒険漫画がハチワンダイバーです。

 

【感想】

将棋に必殺技の要素を組み合わせてプロレス感を出した点が良い!

「ハチワンダイバー」に出てくるキャラクターは
主人公の菅田健太郎を含めて、必殺技的なものを持っています。


(菅田健太郎の必殺技「ダイブ」)

普通、将棋の対局というのは一手一手を読んで積み重ねていく「静」の勝負です。

しかし、ハチワンダイバーでは登場人物に色々な必殺技を持たせて
「静」の勝負を「動」の勝負に変えて
対局に躍動感を持たせています。

こういった必殺技の応酬が将棋バトルに躍動感を与えて
将棋に詳しくない読者にもしっかりと楽しめる作りになっています。

上記以上に詳しいレビューは以下の記事に書いていますので良かったら見て下さい。

ハチワンダイバーについて書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「ハチワンダイバー」はWEB書店である【eBookJapan】で安く購入できます。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。





 

第2位 聖-天才・羽生が恐れた男-

作者:山本おさむ
出版社:小学館
掲載誌:ビッグコミック
掲載期間 1998年8月~2002年9月
巻数 全9巻

 

【あらすじ】

主人公の村山聖はA級に所属しながら29歳の若さでこの世を去ったプロ棋士です。


(主人公の 村山 聖)

物語の冒頭は村山聖が国民栄誉賞を受賞した天才・羽生善治を倒すところから始まります。

 

村山聖は幼少期から重病ネフローゼを患っており
共に入院している仲間達が不幸にも次々と亡くなる
過酷な環境で過ごしてきました。

 

子供ながらに人生に絶望感を感じる聖は
荒れた幼少期を送りますが
病院内の仲間に教えてもらった「将棋」に心を奪われます。

体調が落ち着かず、高熱を出しては苦しむ聖ですが
将棋への情熱は冷めることなく勉強を続けました。

そして、小学校の時に参加した「中国こども将棋名人戦」で3位に入るなど
病気のハンデに負けず、その才能を開花させつつありました。

このまま将棋の道へ進む事を決した聖は奨励会に入会

大きなハンデを抱えながら、プロの棋士を目指して奮闘する
村山聖の姿を描いたドキュメンタリー漫画です。

 

【感想】

こんな人がいたんだ!と思えるほどドラマチックな人生は必見!

「聖-天才・羽生が恐れた男-」の主人公である村山聖は
冒頭の部分でも話しましたが、
生まれたときから難病を抱えています。

五体満足の健康体で生まれた私にとっては
まさに想像もつかないような辛い病気です。

同じ病室で過ごしてきた友達・仲間が
次から次へと亡くなっていくという現実に耐えられますか?

次に死ぬのは自分かもしれない。

親や医者をはじめとした看護職は「治る」というが
それも「嘘」だと分かっている。

そんな現実を目の当たりにしたらただただ絶望するだけですよ。

自分は何のために生まれてきたんだろう?

大人でも苦しむこの境遇に多くの子供が苦しんでいる描写は
目をそむけたくなるほどです。

 

そんな聖が病気を抱えたまま将棋に出会い
プロを目指して、夢を追って努力を続けていく。

それだけでも物凄いドラマだと思うんですよね~

これがノンフィクションなんですから
フィクション以上の迫力が出てきて当然なんですよ。

こんな人がいたんだ!

 

漫画を読んでいると村山聖という人間に与えられた
命の輝きや迫力をビンビンに感じられる点が見所ですね。

上記以上に詳しいレビューは以下の記事に書いていますので良かったら見て下さい。

「聖-天才・羽生が恐れた男-」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「聖-天才・羽生が恐れた男-」はWEB書店である【eBookJapan】で安く購入できます。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。






 

第1位 3月のライオン

作者:羽海野チカ(将棋監修:先崎学)
出版社:白泉社
掲載誌:ヤングアニマル
掲載期間 2007年14号~
巻数 13巻
(平成30年9月13日現在)

 

【あらすじ】

「家もない」「家族もない」「学校にも行ってない」「友達もいない」

という自分の居場所を見つけられない少年でした。


(主人公の 桐山 零)

零は幼い頃に交通事故で家族を失い天涯孤独の身となりました。

そんな零を引き取ってくれたのがプロ棋士の幸田でした。

幸田は将棋が打てる子供のみを愛するという

良く言えば、根っからの将棋好き
悪く言えば、愛情がねじ曲がった人間

だったことから零は幸田に気に入られるために将棋の猛勉強をし
15歳でプロ棋士になる事が出来たのでした。

 

幸田の実子であり、才能を開花することが出来なかった香子(きょうこ)は
将棋の才能があり、幸田に愛されている零に嫉妬し
性格もねじ曲がっていったことで、零と軋轢を生む関係となり、様々な皮肉を投げかけます。


(幸田 香子)

そして、零自身も自身の生い立ち・環境やもともとの性格から
1年遅れで高校に入学するもまったくクラスに溶け込めず
浮いた状態で日頃の生活を送っていました。

誰もがうらやむ才能を持ち、若くしてプロとなった零ですが
多くの悩みを抱えており、苦しみながら日々の生活を送っていました。

 

そんな零の救いとなっているのが「川本家」の人間です。

川本あかりは亡き母親の代わりに妹たちの世話をしながら
零をはじめ困ったものを見過ごせない心温かい女性

川本ひなたも妹の面倒や家事手伝いを良くするしっかり者の少女

川本モモは保育園に通う天真爛漫な園児

そんな川本家の人間に触れて零は少しずつ自分の居場所を探していきます。

果たして、零はどのような人生を送っていくのか?

プロ棋士として大成することが出来るのか?

将棋をテーマにしながら、零を中心とした
様々な悩みと境遇を抱える人間たちを描く青春漫画です。

 

【感想】

様々な悩みを抱えて居場所を探す人間の姿勢を学べる点が秀逸!

「3月のライオン」は将棋をテーマにした青春漫画である

という話をしましたが、個人的なことを言うと

青春漫画ってめっちゃ苦手なんです。

ストーリーの展開が緩やかで退屈してしまうし
強弱が弱い漫画が多いので、飽きてしまうんですよね。

『何か将棋漫画を読みたいなぁ』と思った
「3月のライオン」を読み始めたんですが
正直なところ最初は退屈でした。

中学生でプロ棋士になるだけの才能を持った零が
学校生活になじめなくて苦しんでいる姿

温かい家庭の味を知らない零が
川本家の人間と触れあい、心を溶かしていく姿

色々と趣深い面はあるんですが、
正直なところ「うーん、ちょっとイマイチ」
という風に思っていました。

 

だけれども、物語を読み進めていくうちに
どんどん面白くなってきちゃうんですよね~

面白さのエッセンスとなっているのは

「登場人物が居場所を探すために戦っている姿」

です。

桐山零はプロ棋士ですから、他のプロ棋士と戦い
所属するクラスを上げていくんですが
プライベートで悩む零はイマイチ結果を出せないんですよ。

 

“夫婦喧嘩をしている時は仕事が全くはかどらない”

という私の実体験を見事に表現してくれているような気がしたんですよね~

というような話は別に良いとして

桐山零は自分の居場所を探して戦っていると同時に
居場所を見つける事で人間としての強さを身につけ
その力を棋士にも反映させてプロ棋士として戦う

その姿は見ていてスリルがあるんですよね。

 

だって、葛藤しているんですもん。

 

安物のスポ根漫画だと、自分の悩んでいる事をすぐに発見できて
その悩みを猛特訓で克服して、次の試合では既に成長している。

実際にこんな事ってあり得ないでしょ!

人の悩みってそれぞれでその深さも人それぞれ

そんなに簡単に解決できるものではないです。

不器用で不安定な零ですが、不器用なりに自分と戦って
居場所を見つけようとするんです。

簡単には上手くいかないけれども、少しずつ学んでいき
人間として成長をしていく。

この零の等身大の姿は「3月のライオン」を読んでいて非常に勉強になります。

 

そして、悩んでいるのは零だけではありません。

病弱な体を抱えながら、必死にプロ棋士として戦おうとする二海堂晴信

いじめを受けながら必死に負けまいと抵抗する川本ひなた

プロ棋士の後藤と不倫関係を続けながら幸せを模索する桐山香子

表向きだけを見れば、大して悩んでいるように見えない人達が
様々な悩みと戦い、自分の居場所を探そうとしている。

この登場人物たちが必死で戦う姿勢は心を動かされますし
自分自身の教訓としても受け止めることが出来ます。

「3月のライオン」が持つ深みには注目ですね。

上記以上に詳しいレビューは以下の記事に書いていますので良かったら見て下さい。

「3月のライオン」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「3月のライオン」をすぐ読みたい方は
無料漫画アプリ「漫画Park」で見ることが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める!
全巻まとめ読み&先読み機能搭載!

もちろん「3月のライオン」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。