おすすめのサッカー漫画一覧ランキングベスト6!第1位はあの名作漫画!【感想・レビューあり】

Pocket

日本には数多くのジャンルの漫画がありますが、ここでは
私がおすすめするサッカー漫画の一覧について
ランキング形式で紹介をしていきたいと思います。

また私が実際に読んでみた感想(レビュー)も語っていきたいと思います。

 

 

はじめに

日本は漫画大国というように言われていますが

「本当に漫画が多い!!」

私が子供の頃は週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなどの
メジャー雑誌しかないのかなと思っていましたが
今は当時(30年以上前)と比べて本当に漫画雑誌が多くなっていますし
なんなら「web漫画」なるものも出てきています。

なので、面白い漫画を読みたいと思っていても
本当に面白いと思える漫画に出会えない!

これが現状ですよね~

 

ネットで面白い漫画を調べようとググってみると
色々な漫画を紹介しているブログに出会いますが

「明らかに読んでないだろっ」と思われるブログが多すぎっ!!

正直、そんなブログを見ても内容が薄すぎて見る気にならないんですよね~

いやいや、そんな紹介だったら公式ホームページを見りゃ分かるよ。

と思ってしまうんですよね~。

「毒にも薬にもならぬ」とはこのこと

そんな記事読んでいて意味ありますかね?

せめて毒か薬になれよ!

と思ってしまう訳です。

 

このブログでは

“私が読んだ漫画しか載せません”

ですので、ランキングされている漫画の数は少なくなってしまうのですが
ちゃんと全巻を読んで、自分が率直に思った感想を交えたうえでランキングしたいんですよ。

ランキングって完全な主観なので、当然私の好みは出てしまいますが
このブログで紹介している漫画が客観的に見て
どんな人におすすめなのかという点についても書いていきたいと思います。

 

他のブログのようにサッカー漫画にどんな漫画があるのかその一覧表を見たい

というような感じではなくて、

どんなところが面白いのか?

どのシーンに心がうごかされるのか?

この漫画を読んで学びになったことは何か?

みたいな事も書いていますので、
ランキングに掲載した漫画を読んでもらえたら嬉しいです。

 

逆にこんなサッカー漫画も面白いよというものがあったら教えて下さい。

その漫画を読んでランキングに入れたいと思います。

 

それでは前置きが長くなりましたが
サッカー漫画ランキングに行ってみましょう!!

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

第6位 エリアの騎士

原作:伊賀大晃、作画:月山可也
出版社:講談社
掲載誌:週刊少年マガジン
掲載期間 2006年21・22号~2017年17号
巻数 全57巻

【あらすじ】

主人公である逢沢駆(あいざわ かける)の兄である
逢沢傑(あいざわ すぐる)は日本を代表する天才プレイヤー


(主人公の兄 逢沢 傑)

中学生にして将来の日本代表を約束されているような選手でした。

対する、逢沢駆は兄との才能・実力の差を目の当たりにして
選手として活躍することを諦め、マネージャーとして
鎌倉学院のサッカー部に所属していました。


(主人公の 逢沢 駆)

しかし、兄の傑は駆の才能を買っていて
「兄弟でフィールドに立ちたい」

そして、「自分の出したパスを駆に決めてほしい」
という思いを抱いていました。

何度もサッカー部に戻るように説得をする傑ですが
腑抜けた駆の言動と行動にヤキモキしてしました。

 

そんな二人に悲劇が訪れます。

自転車に乗っているところをトラックに突っ込まれ大事故を起こします。

 

この事故によって兄の傑は死亡

そして、駆も自動車部品が腹を貫いており瀕死の重症となりますが
兄傑の心臓を移植することで生き延びます。

駆も家族も幼馴染の美島奈々(みしま なな)も
そして、日本サッカー界の宝を失った鎌倉学院サッカー部員も
深い悲しみにふけいります

そんな中、駆は傑の日記を発見。

そこには駆にはゴールを奪うハンターである「エリアの騎士」になってほしいこと
駆にもサッカーの才能が溢れていること
兄弟でワールドカップ優勝を掴みたいこと

が綴られていました。

この日記を見て、プレイヤーとしてサッカー部に戻る決意をする駆

 

果たして傑の心臓を持つ駆はトッププレイヤーになる事が出来るのか?

天才である兄を超える事が出来るのか?

天才である兄を超えるため、そして天才である兄の夢を抱えて
逢沢駆の挑戦が始まります。

 

【感想】

サッカーの玄人を唸らせるような内容の濃い
サッカー漫画が増えている一方で

「エリアの騎士」はシンプルで分かりやすい作品に仕上がっています。

 

「エリアの騎士」第一巻で命を落としてしまう逢沢傑は
突出した天才として物語では描変えれていますが

「エリアの騎士」に出てくるキャラクターは

“登場人物がほぼ天才”

と言えるような超人揃いです。

 

駆のチームメイトで江ノ島高校のエースである荒木などのプレイは

「いやいや、嘘でしょ!!」

というレベルのプレイを連発します。


(江ノ島高校のエース 荒木)

 

荒木以外にも江ノ島高校には織田や的場、兵藤、高瀬といった
超高校級のプレイヤーが揃っていて

これだけいれば日本一狙えるでしょ!

と、思わせながら県大会のベスト16レベルで
江ノ島高校のイレブンよりも上のポテンシャルを持った選手たちが揃っている
「湘南大附属高校」が出現してきます。

(湘南大付属高校のメンバー)

えっ!江ノ島高校のイレブンのレベルってそんなんなの?

と思うくらい次々と現れる強敵が現れます。

 

葉蔭学院の飛鳥や鬼丸

鎌倉学院の鷹匠や世良


(葉蔭学院の飛鳥)

もう、天才ばっかで訳が分からん!

という感じです。

 

なんだかサッカー界のドラゴンボールって感じです。

強い奴が出てくるんだけど、さらにそれを超える強い奴が出てきて

“強さがインフレを起こして訳が分からん”

という感じになっているのが「エリアの騎士」の特徴です。

 

だから、ストーリーはめっちゃ分かりやすいですよ。

登場人物がスーパープレイを連発してくれるわけですから
試合内容が派手になりますし、強いインパクトを残すことが出来ます。

なので、漫画を読むのに難しい事を考える必要がないし、肩が凝りません。

 

誰が読んでも楽しい作品になっている。

というのが、「エリアの騎士」のいいところですね。

エリアの騎士について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「エリアの騎士」は無料漫画アプリ「マンガBang」で読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「エリアの騎士」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。




 

第5位 BE BLUES!(ビーブルーズ)

作者:田中モトユキ
出版社:小学館
掲載誌:週刊少年サンデー
掲載期間:2011年9号~
巻数 31巻
(平成30年7月28日現在)

 

【あらすじ】

主人公の一条龍(いちじょう りゅう)は筋金入りのサッカーバカです。


(主人公の 一条 龍)

 

そして、そのプレーぶりはサッカー愛と比例して
天才プレイヤーと言われるほどの実力を持っています。

幼なじみでチームメイトである青梅優人(おうめ ゆうと)
そして、双子の兄弟である青梅優希(おうめ ゆき)
らと共に所属するサッカーチーム大浦SCでプレイをしていました。

 

強敵であるFC加賀谷の桜庭巧実(さくらば たくみ)や
麻倉キッカーズの渡辺健太(わたなべ けんた、通称:ナベケン)らを
破り埼玉県予選で見事優勝を飾りました。

そして、それと同時にJリーグのユースチームからのスカウトからも
注目される存在でプロ入り確実と言われていました。

 

しかし、優勝した日の帰り道に交通事故に合いそうな優人を庇って
一条龍は大ケガを負ってしまいます。

 

Jリーグユースチームへの参加がならなかっただけでなく
サッカーを続ける事さえも危うい
いや、日常生活を送ることが出来るかどうかも危ういケガをしてしまった優人

目指していた道が全て閉ざされてしまった一条龍ですが
サッカー選手としてプレイすることを諦めない事を誓います。

 

そして、2年後…

中学生になった一条龍は松葉杖も必要なくなり
大浦東中のサッカー部に入部します。

 

当然、小学生時代の華麗なプレイはまったくできず
一からのやり直しを余儀なくされる一条龍

果たして一条龍は小学生時代の輝きを取り戻すことが出来るのか?

手負いの龍が加入した大浦東中はどこまで勝ち上がれるのか?

 

サッカーに賭ける一条龍の情熱をありのままに描いた青春サッカー漫画

 

【感想】

「BE BLUES!(ビーブルーズ)~青になれ~」の
最大の見どころであり、面白さの肝となっているのは

「挫折」と「リスタート」

です。

 

1巻の最初に描かれている一条龍の全盛時は

“無双モード”です。

あまりの天才ぶりに見ていて清々しい気持ちになるくらいなんですが

最初のあらすじのところで話をしたように
青梅優人を庇って大ケガを負ってしまいます。

この大ケガがめちゃくちゃ痛々しいんです!!

 

日常生活が危ぶまれるほどの大ケガなので
怪我の様子を見ているだけで痛々しい
という面も当然あるのですが、何よりも痛々しいのは

日本の中でも10年に1度かもしれない
ありあまる才能を一瞬にして潰されてしまった

という点です。

 

 

とにかく小学生時代の一条龍のプレイは凄いんですよ!

その才能がね~、一瞬にして消滅してしまう。

 

そのことを分かっている優人は
「自分のせいで一条龍の人生を潰してしまった」と悩む姿は

わずか2巻にして痛々しくて目を背けてしまうレベルです。

 

この大いなる挫折を一条龍が不屈の闘志で覆していく

というのが、「BE BLUES!(ビーブルーズ)~青になれ~」の
大きなテーマである訳なんですね。

 

このテーマを描くにあたって必須項目となる

この一条龍が持っている

「メンタルの強さ」

「完璧なマインドセット」

 

これが素晴らしいんですよね~

 

小学生にして「ここまで心の強さを持っている人っている?」

というツッコミは欠かせないのですが

この一条龍の心の強さとマインドセットは読者自身が
自分の人生を生きていく上に必ず役に立つものばかりです。

 

 

一条龍の根底にある考え方、これを一言で表すと

過去は変えられない、だから未来に向かって
自分がどうやって行動していくかだけが問題だ。

 

という事なんですよね~

 

一条龍はどんな逆境になっても、このマインドセットを崩しません。

 

どんなに自分の体がボロボロになろうとも
全盛期の自分を取り戻せなくても

とにかく自分に出来る事を死に物狂いでやる

 

これが一条龍です。

この考え方は見習いたいところですよ。

 

しかも、一条龍に襲い掛かる挫折は大ケガだけなのかなぁ

と、思っていたら、家族ごと海外に行く話が出て
サッカーをやる事自体が難しくなってしまったり

高校生になってこれからサッカー部の一軍で活躍するぞ!

という時に、龍が喧嘩をして停学になり
サッカー部の中で無期謹慎になって4軍以下に落とされたりと

 

挫折!挫折!挫折!

という挫折の畳みかけが非常にエグイです。

こういった挫折に主人公の龍が敢然と戦う姿が

「BE BLUES!(ビーブルーズ)~青になれ~」の見所ですね。

「BE BLUES!(ビーブルーズ)~青になれ~」
について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「BE BLUES!(ビーブルーズ)~青になれ~」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。




 

第4位 エンジェルボイス

作者:古谷野孝雄
出版社:秋田書店
掲載誌:週刊少年チャンピオン
掲載期間 2007年21号~2014年42号
巻数 全40巻

 

【あらすじ】

千葉県にある市立嵐山高校(通称:市嵐)に最強の中学生と言われた4人が入学します。

主人公である成田信吾(なりたしんご)は中学最強の1人


(主人公の 成田 信吾)

喧嘩っぱやく、入学早々に停学処分を受けて
停学中にも学校内で乱闘騒ぎを起こして退学処分を受けます。

一方その頃、事実上の「ケンカ部」と化した
市立嵐山高校のサッカー部を再建させるべく
監督の黒木鉄雄(クロキテツオ)が一蘭サッカー部の顧問に就任


(サッカー部顧問の 黒木 鉄雄)

強いサッカーチームを作るべく、
黒木は運動能力の高い中学最強の4人に声をかけます。

喧嘩最強カルテットの成田、所沢、乾、尾上を入部させることに成功した
黒木は成田の退学を取り消すよう上を必死に説得します。

そして、上が出した条件は

「千葉県内でベスト4に入れば成田の退学を免除する」

というもの

ただし、

ベスト4に入れなければサッカー部は廃部

という厳しい条件を飲むことになります。

果たしてサッカー初心者揃いの市蘭サッカー部は
千葉県大会ベスト4に入り廃部を逃れる事が出来るのか?

 

【感想】

「ANGEL VOICE(エンジェルボイス)」では

“ヤンキー”と“サッカー”

という対照的な組み合わせでインパクトを出していますが

漫画「はじめの一歩」のように

“いじめられっ子”と“ボクシング”

という2つの相反する要素を組み合わせてみたり


(はじめの一歩)

漫画「ドラゴン桜」のように

“偏差値30台”と“東大入学”

という相反する要素を組み合わせてみり


(ドラゴン桜)

Hなビデオとかでも

“真面目な秘書”が“あんなHな事を!”

みたいな組み合わせも興奮する要素になります。
(この例え、いらなかったかな… 汗)

つまり不真面目なヤンキーがサッカーを一生懸命やっている時点で
もうある程度の面白さは担保されているんですよね。

「ANGEL VOICE(エンジェルボイス)」の作品を見てみても
チームメイト同士がすぐに喧嘩するし
成田たちを潰そうとする勢力との抗争があったりとか

「お約束の王道ストーリーじゃん」

って思っていても面白いんですよ。

漫画で一番大切なのって

「読んでて面白いこと」

だと思うんです。

いくらストーリーをこねくり回してしたって
面白くなきゃ意味ないし

よくあるようなストーリーでも
面白ければオールオッケーなんですよ。

「ANGEL VOICE(エンジェルボイス)」では
奇をてらったようなストーリーはないんですけど

“ヤンキー”と“サッカー”という対比を使って
面白いストーリーを描いています。

伏線とかめっちゃあって複雑なストーリーもいいけどさ
もっとシンプルに面白い作品を見せてよ!!

という人にはまさにピッタリの作品ですよ。

ヤンキーが織りなすサッカー物語を是非堪能してほしいですね。

「エンジェルボイス」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「ANGEL VOICE(エンジェルボイス)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!




 

第3位 DAYS(デイズ)

作者:安田剛士
出版社:講談社
掲載誌:週刊少年マガジン
掲載期間:2014年21・22号~
巻数 26巻
(平成30年5月20日現在)

 

【あらすじ】

主人公の柄本つくし(つかもと つくし)は中学校時代いじめにあっていました。


(主人公の 柄本 つくし)

 

そんなつくしは幼馴染で仲良くしている小百合ちゃん
と同じ高校である聖蹟高校へ受かり浮かれていました。

 

そんなつくしは小百合ちゃんがバイトしている現場で
いじめっ子に出会い、いじめを受けてしまいます。

そんなつくしを助けてくれたのは風間陣(かざまじん)でした。


(いじめを救う 風間 陣)

 

金髪でロン毛とチャラ男全開の風間陣を見て
つくしは「この人、何者なんだろう?」と思いますが、
風間陣がフットサルのチームメンバーを勧誘している姿を見て
つくしは自分がメンバーに参加することを陣に伝えます。

 

運動神経がなく、サッカー経験もないつくしですが
「風間のためになんとか力になりたい」
とはちゃめちゃな動きでコート内を駆け回ります。

試合終了間近に1点をもぎ取ったつくしは
サッカーの楽しさを味わいます。

 

聖蹟高校に入ってサッカー部に入る決意をしたつくし

 

そして、偶然にも風間陣も聖蹟高校に入学しており
サッカー部へ入部します。

 

サッカーの強豪校である聖蹟高校において
抜けて実績と運動能力がないつくし

果たしてつくしは聖蹟高校でサッカー部員を続けられるのか?

聖蹟高校サッカー部は全国制覇に向けてどこまで勝ち上がれるのか?

 

【感想】

「DAYS(デイズ)」の主人公である柄本つくしは
大の「天然キャラ」です。

 

どんな天然ぶりかというと

「究極なポジティブ野郎」なんです。

 

フットサルの試合で自分が点を取った時に
相手チームが褒めてもらった時のつくしの反応は

おいおい、たった一言褒めただけでここまで喜ぶかね?

と引くくらいに感情表現をしてきます。

 

 

爪が剥がれて、靴に血がにじんでいる状況なのに
つくしはこんなことを思っています。

いやいや、絶対に痛いでしょ!

と思いますが、超天然なつくしは
この状況でも頑張ろうとします。

 

 

風間陣がつくしをサッカーに誘った時の反応がこんな感じ

サッカー誘っただけでこんなに喜ぶ?

と呆れるほどに天然キャラを貫いています。

 

 

究極のポジティブ野郎がはちゃめちゃなまでにサッカーに取り組む

すると、どうなると思います?

 

信じられないくらいの感動を生みます。

 

なんていうんですかね~

ストーリーはベタですし
サッカーの試合内容とかはそれほど現実味がなくて
緻密さに欠ける感じはするんですけど

人に対する純粋な気持ち、真っ直ぐな気持ちが
胸を突き刺してくるんですよね~

 

人間の深層心理をしっかりと描いて
リアリティーのある葛藤を描いている漫画も

大いに感動しますし、素晴らしい

と思うんですが

 

「DAYS(デイズ)」のように愚直なまでに純粋な気持ちをぶつけられると

もう感動するほかにないんでよね。

 

 

「人間は感情の生き物」

と言いますが、「DAYS(デイズ)」では
その感情に訴えかける手段がめちゃくちゃ上手です。

 

感動できる漫画を読みたい!!

と、思っている人は絶対に読んでほしいですね。

「DAYS(デイズ)」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「DAYS(デイズ)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。




 

第2位 アオアシ

作者:小林有吾
出版社:小学館
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ
掲載期間 2015年6号~
巻数 12巻
(平成30年3月1日現在)

 

【あらすじ】

愛媛のド田舎に住んでいる主人公青井葦人は
地元では高いサッカーレベルを持っていますが
「唯我独尊」の性格ゆえに自分一人でサッカーをする自己中心的なプレイヤーでした。


(主人公の 青井葦人)

愛媛県内の大会で敗れてしまい呆然とする葦人。

そんな葦人の試合をたまたま観戦していた
「東京シティ・エスペリオンFC」の監督である福田達也は
葦人のプレイに光るものを見出し
東京シティエスペリオンのセレクション(入部試験)を受けるように勧められる


(福田達也監督)

セレクションを受けるため東京に上京してきた葦人は
そこで今までに触れ合ったことのないレベルのサッカーに戸惑いながら
セレクション合格を目指します。

果たして葦人は東京シティエスペリオンのセレクションに合格できるのか?

葦人は東京シティエスペリオンでどのように成長していくのか?

一人の少年の夢と成長を描いた王道のサッカー漫画です。

 

【感想】

キャプテン翼を代表する一般的なサッカー漫画は
「技術」「体力」「強さ」「気持ち」など
個が持っている身体能力の成長を描いて
試合を戦っていきますが

アオアシの場合は

“戦術”

にフィーチャーしてストーリーを展開していきます。

身体能力は背景に描かれているものの「戦術」にフォーカスを当てた事で

“異質の試合内容”

を描くことに成功しています。

私はサッカーの素人なので、アオアシに描かれている事が
本当に必要な事なのかどうかは分かりませんが

「ここのスペースを空けるためにこう動いて…」

みたいなやり取りは見ごたえ十分です。

葦人の武器は「シュート」でも「ドリブル」でも「パス」でもなくて

“視野の広さ”

というところに面白さがあります。

スポーツというアクティブなものに

“シミュレーション”

という静的な“考える”要素を加えた事で
サッカーではなく、三国志を見ているような気分になります。

この視点を加える事でアオアシは普通のサッカー漫画ではなくなりました。

“戦術”に特化したサッカーの試合をとくとご覧頂きたいですね。

ありふれたベタなものでも切り口を変えて見せれば
すごく新鮮に見えるんだなぁ

という事をアオアシは教えてくれています。

「アオアシ」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「アオアシ」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!




 

第1位 ジャイアントキリング

原作:綱本将也、作者:ツジトモ
出版社:講談社
掲載誌:モーニング
掲載期間 2007年6号~
巻数 45巻
(平成30年1月21日現在)

 

【あらすじ】

日本サッカーの1部リーグに所属しているチーム
ETU(East Tokyo Uneited)は
かつて人気チームとして大活躍をしていました。

しかし、チームの中心人物であった主人公達海猛(たつみたけし)が
突然チームを離脱した事でチームはガタガタになり
毎年2部リーグとの降格争いをするような弱小チームに成り下がっていました。


(主人公の達海猛)

そんな状況を危惧したクラブのフロントは
海外でサッカーチームの監督をしているという達海を
ETUの監督に迎えようと動きます。

色々な経緯を経てETUの監督に就任することになった達海健に対して
“ETUの裏切り者”というレッテルを貼り
激しく反発する主将村越茂幸をはじめとして選手たち

そして、ETUの裏切り者を許すまじと反発するサポーター

果たして達海猛はETUを弱小チームから
強豪チームに変えることが出来るのか?

達海猛と選手達・サポーター達は一体となれるのか?

スポーツとしてのサッカーの魅力を描きながら
サッカーと向き合う全ての人間(監督、選手、フロント、サポーター)の
苦悩や情熱などをしっかりと描いているサッカー漫画です。

 

【感想】

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の主人公達海猛は
広く物事を見る視野を持っており、今までの慣例などを気にしません。

普段、サラリーマンとして働いている人は
仕事をやる上で矛盾を感じている事があっても

“今までこうやっていたから、こうやるんだよ”

と言われて、納得できないながらも渋々過去のやり方を繰り返す。

という事が多々あると思います。

これはサラリーマンの世界に限らず、どこの世界にもある事ですが
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」では
この衝突を実に上手く描いています。

弱小チームなのに、今までのやり方に拘る選手たち

読んでいる方からすると

「いやいや、そのやり方がダメだったんじゃんよ!!」

と思わずにはいられないのですが
立場が逆だったら気持ちは良く分かりますよね。

自分の働いている職場に急に外から来た上司が現れて

「仕事のやり方が効率悪いからすぐに変えなさい」

と言われたらどう思うのか?

当然、反発しますよ。

だけどね、それじゃダメなんですよ。

いくら今までやってきたといっても
効率が悪いならやり方を変えていかないといけないんです。

頭では分かっていても、感情が許さない。

今までやってきたことを否定されたような気がするし
よそ者に何が分かるんだ、と思ってしまう。

変化を拒んで、生きてきた人間にとっては
読んでいて心が痛くなるようなシーンが多々現れます。

変化を拒んではいけないんだ。
どんどん変わって自分を成長させなくてはいけないんだ

という事を考えされてくれる漫画です。

「ジャイアントキリング」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

 

 

以上が私の選ぶサッカー漫画ランキングTOP6です。

色々なタイプの名作が揃っていますので
気になった漫画があったら一度読んで見て貰えれば幸いです。

サッカー漫画を楽しみましょう!!