【感想・レビュー】クローズを見ていると不良になる意味の無さを感じる…【ネタバレなし】

Pocket

月刊少年チャンピオンで1990年から連載されていた
人気漫画「クローズ」(作者:高橋ヒロシ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「クローズ」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「クローズ」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

という点についても語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「クローズ」

です。

 


クローズはけっこう昔の漫画なので
読んだことがなくても名前くらいは知っている人が多いと思いますが

この漫画のジャンルは「ヤンキー漫画」です。

 

同じジャンルの漫画を挙げるとすると

「ろくでなしブルース」や「特攻の拓」

などが挙げられます。

  
(左:ろくでなしブルース  右:特攻の拓)

雑誌チャンピオン(週刊や月刊)で数多く連載されている漫画のジャンルが

「ヤンキー漫画」

です。

秋田書店はヤンキー漫画じゃないと連載をしないのかな?

というくらい週刊少年チャンピオン、月刊少年チャンピオンには
ヤンキー漫画が多いんですよね。

ヤンキー漫画といえば喧嘩ですから
格闘漫画的な要素を含めながら、ストーリーも分かりやすいというのが
秋田書店さんが取り上げる理由なのかもしれません。

「クローズ」もその名に恥じないヤンキー漫画の代表作品
といったところなんですが、そこはおいおい話していくとして

 

私が「クローズ」を読んで、面白いと思った魅力や
人生で得られる教訓などを存分に語っていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「クローズ」はどんな作品?

「クローズ」は月刊少年チャンピオンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはヤンキー漫画
作者は高橋ヒロシ、コミックスは全26巻が発刊されており
外伝として3巻が発刊されています。

 

作者:高橋ヒロシ
出版社:秋田書店
掲載誌:月刊少年チャンピオン
掲載期間 1990年~1998年
巻数 全26巻+外伝3巻




 

「クローズ」の概要とあらすじ

悪の巣窟ともいえる不良高校「鈴蘭高校」

この学校に転校してきた主人公坊屋春道(ぼうやはるみち)は
転校初日に早速喧嘩を売られますが
外見の適当さからは想像もつなかい喧嘩の強さで
鈴蘭高校の中で一気に話題の人となります。

鈴蘭高校の最大派閥であった阪東秀人(ばんどうひでと)は
転校初日にいきなり目立った春道を潰そうと画策します。

果たして春道は鈴蘭高校の阪東に潰されてしまうのか?

また、春道はどんな敵と出会っていくのか?

喧嘩を中心に男の生き様を描いた王道ヤンキー漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

ストーリーとしては単純明快です。

主人公の坊屋春道が新しい敵にどんどん出会っていき
敵との抗争の中で得られた友情や人情を描いていく

それが「クローズ」です。

ストーリーとしては単純明快ですが
新しい敵キャラと戦っていく春道と
過去に戦った相手がどんどん味方になっていく
“男塾”的な物語がウリですね。

そんな「クローズ」の魅力
そして、素晴らしさを語っていきたいと思います。



 

「クローズ」のここが凄い!

ヤンキーって本当にバカバカしいよねって事が学べる

クローズのストーリーは単純明快です。

とにかく新しい敵と喧嘩して、その敵を倒したら
今まで敵だったキャラクターが味方に変わっていって
また新しい敵が出てきて、今度は団体戦で戦っていく

こんな感じです。


(黒焚連合の総長ブルこと 古川修)

なので、基本的に「喧嘩ばかり」しています。

漫画だからご都合主義的に人が死んだりしませんが、
もう体もしっかりとした高校生が
集団で狂気を持ちながら手加減なく相手をボコボコにしたら

“普通は死者がでますよ”

ヤンキー漫画特有のヤンキー同士の抗争は
まあ読んでいて単純に面白いんですが

“そもそもなんで相手を殴らなきゃいかんの?”

と純粋に感じてしまいます。

殴って、相手を潰して「俺たちが一番強いんだ!」
といったところで世間から見れば負け組同士の争いです。

社会に出てしまえば、何にもできるわけでもなく
気に入らないとすぐに感情的になるし
「喧嘩が強い」という妙なプライドだけが残って
何をするにしても中途半端な人間になってしまいます。

クローズを読んでいると

“ヤンキーって本当にバカバカしいよね”

と感じずにはいられません。

原始時代じゃないんだから、喧嘩が強くたって生きてく上で全く役に立ちません。
(ボクシングの世界チャンピオンとかになれば話は別ですが)

それだったら喧嘩じゃなくて
スポーツでも勉強でも趣味でも
自分の一生懸命に頑張れる事で意地を張った方がよっぽどいいです。

人生を生きるうえで

「本当に自分が頑張るべきことは何なのか?」

という事をクローズから学べます。

 

ベタ中のベタ、笑点のような黄金のマンネリを持ち合わせた漫画

クローズのあらすじ説明のところで話をしましたが
基本、この漫画の中では

強い敵が現れる

坊屋がその敵と戦って勝つ

その敵と和解して仲良くなる

また次の強い敵が現れる

というシンプルなストーリーが繰り広げられています。

もうネタバレなんてしなくても、ネタはバレているんです。

漫画にとってストーリーが最初から読まれてしまっているのは
普通に考えれば致命傷です。

だけどね、

“クローズはそれでも面白いんですよ!”

マンネリの美学というか、ワンパターンに美学というか
とにかくストーリーが分かっていても楽しめてしまう
不思議な引力を持っています。

テレビ番組でいえば「笑点」

テレビドラマでいえば「水戸黄門」

みたいなものです。

とにかくやることが分かっていても
どんどん次へと世に進められる王道のストーリーは
クローズならでは、という感じです。

先の展開が読めないようなスリリングな展開の漫画が好き

とか

物語が練られていてストーリーの良さに感激したい

という人には正直合わない漫画ですが
なーんも考えないで楽しく漫画を読みたい

という人の欲求は叶えてくれる漫画ですね。

 

「クローズ」の全体評

「クローズ」は

“ヤンキー漫画の王道”

といえるストーリーの漫画です。

それだけにストーリーの奥深さはなく
明朗快活なストーリー展開を見せてくれる漫画なので

“なーんも考えないで楽しく漫画を読みたい”

という人にはピッタリの漫画だと言えます。

ただ、「ヤンキーの抗争ってめちゃくちゃダサい」
という事が分かる漫画なので
自分の人生としては反面教師として捉えると
更にクローズを読むための意義が増えそうですね。

 

 

「クローズ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「クローズ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。