「DOG END(ドッグエンド)」が魅せるスマートな格闘漫画の凄さを語る【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

裏サンデーで2016年から連載されている
人気漫画「DOG END(ドッグエンド)」(作者:ゆりかわ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「DOG END(ドッグエンド)」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「DOG END(ドッグエンド)」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「DOG END(ドッグエンド)」の魅力なども語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「DOG END(ドッグエンド)」

です。

 

「DOG END(ドッグエンド)」は2016年から連載されていた漫画です。

私の中で最近イチオシの漫画媒体が

「裏サンデー」

です。

一番最初に「裏サンデー」というweb媒体を知ったのは
「ケンガンアシュラ」という漫画です。

この「ケンガンアシュラ」という漫画は
「グラップラー刃牙」とほぼ同じようなんですが
単純に面白いんですよね~

ちなみに「ケンガンアシュラ」のレビューも書いているので
良かったらこっちも見て下さいね。

ケンガンアシュラは刃牙のパクリ??

 

で、ケンガンアシュラ以外にも
「銀狼ブラッドボーン」や「送球ボーイズ」など
なかなか読み応えのある漫画が揃っています。

 

そんな裏サンデーの中で私がイチオシする漫画が

「DOG END(ドッグエンド)」

です。

タイトルを見ただけでは何の漫画か分からないと思うので
まずは「DOG END(ドッグエンド)」がどんな漫画なのかジャンルを説明しておきましょう。

この漫画のジャンルは「格闘漫画」です。

 

後でストーリーについては話をしたいと思いますが
「DOG END(ドッグエンド)」自体は
殺し屋達が戦う漫画なんですよね~

殺し屋が戦うような漫画というと
サスペンスのような気がしますが
そんな設定を格闘漫画に仕上げるあたりが
「DOG END(ドッグエンド)」の面白いところです。

そんな「DOG END(ドッグエンド)」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「DOG END(ドッグエンド)」はどんな作品?

「DOG END(ドッグエンド)」は裏サンデーで連載されている人気漫画です。
ジャンルは格闘漫画
作者はゆりかわ

コミックスは4巻が発刊されています。
(平成30年9月11日時点)

 

作者:ゆりかわ
出版社:講談社
掲載誌:裏サンデー
掲載期間:2016年~
巻数 4巻
(平成30年9月11日)




 

「DOG END(ドッグエンド)」の概要とあらすじ

警視庁の警部である羽鳥希一郎(はとり きいちろう)は
己の出世のためには手段を選ばないエリートです。


(羽鳥 希一郎)

 

羽鳥は警視庁長官の斯波十三(しば じゅうぞう)からの任務で
一人の少女の護衛を任命されます。


(警視庁長官 斯波 十三)

 

護衛する少女の名前は鳴沢真魚(なるさわ まな)

真魚は政財界から裏社会まで、あらゆる方向に影響力を持つ
神宮グループの総帥とその愛人の間に生まれた子供です。


(鳴沢 真魚)

真魚を亡き者にしようと新宮グループが雇った
世界中のあらゆる殺し屋が狙っています。

 

そんな鳴沢真魚を守るべく斯波は羽鳥に一人の殺し屋を紹介します。

その者の名前は 若月狗狼丸(わかつき くろうまる)

 


(若月 狗狼丸)

 

若月狗狼丸は伝説の殺し屋という事で名を馳せた人物です。

過去にはある人物を守れなかったという劣等感から
現在は警視庁の地下に収容されていますが
羽鳥からの依頼をしぶしぶ引き受ける事になります。

鳴沢真魚を狙ってくる規格外の殺し屋達

 

果たして、羽鳥と狗狼丸は真魚を救う事が出来るのか?

そして狗狼丸の秘められた過去とはどんな過去なのか?

狗狼丸を中心に様々な殺し屋が人外を超えた能力を見せつけ戦うバトル漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

と、ストーリーを話してみましたが

格闘漫画らしい分かりやすいストーリーです。

「グラップラー刃牙」とかでもそうですが
格闘を中心に描かれているバトル漫画は

“バトルが面白ければ、何でもいい”

んですよね~

伏線とか深みとかそういった事ってあまり関係なくて

“いかにそのバトルを熱く描けるか?”

ここが焦点になります。

 

「DOG END(ドッグエンド)」はそこのバトルの熱さがピカイチなんですよね~

という事で、「DOG END(ドッグエンド)」の素晴らしさとを語っていこうかなと思います。



 

「DOG END(ドッグエンド)」のここが凄い!

キャラクターがカッコよすぎ!そして面白すぎ!

「DOG END(ドッグエンド)」の一番の特徴はキャラクターの面白さです。

バトルするのが格闘家ではなくて殺し屋なんで

「キャラクター設定が自由なんですよね~」

 

40歳以上の人は一目でピンとくるキャラクター

「コーディー・ナカモト」

どう考えても、ドリフターズの仲本工事さんをモデルにしたキャラで
見た目の地味さたるや殺し屋っぽくないキャラクターなんですが

ムキムキボディーが見せる超肉弾戦を見せる
「コーディー・ナカモト」の強さは最高にカッコイイんですよ!

そして笑わせようとしている訳ではないのに面白すぎのキャラクターです。

 

そして、私が一番好きなキャラクターは「野球野郎」です。
(本当の名前がこうなのかは分かりません)

 

バットとボールだけで相手を倒す異色の殺し屋です。

こいつの手にかかれば乗用車なんてこうですよ。

 

普通にトップスピードで突っ込まれてこの凄技です。

自動車を吹き飛ばすパワーと技も去ることながら
その表情がたまらんのですよ。

完全にイカれてしまっているというか
リミッターを振り切っているというか

この「野球野郎」の存在感はピカイチでもうカッコよすぎです。

 

このあたりのキャラクター設定は上手いですよね~

「格闘漫画」という風になってしまうと
「格闘技」に縛られてしまいますし

例えば「プロレス」「空手」「ヤクザ」「ヤンキー」などをテーマにして
格闘漫画を作ってしまうと、どうしてもテーマに引きずられてしまうんでよね~

そのテーマを「殺し屋」としたところが

“キャラクターに自由さを与えている”

 

そして、これが「DOG END(ドッグエンド)」の素晴らしさですね。




 

えっ!男塾!と思わせる仲間増殖の展開が見逃せない

私が「DOG END(ドッグエンド)」を見ている中で
面白いと思った要素は

「仲間が増えていく」

という事です。

 

主人公の若月狗狼丸は良くも悪くもスタンダードな殺し屋なんですよね。

そのスタイル、実力、所作全てが私達がパッと思い浮べるような殺し屋なので

若月狗狼丸 vs 新しい殺し屋

という図式がメインになるんですが

若月狗狼丸のキャラがそこまで立っていないので
上の図式だけだと退屈になってしまうと思うんですよね

 

そこで出てきたのが過去に出てきた敵が味方になるという
往年の男塾方式の戦いです。


(魁!男塾の続編 暁!男塾)

ちょっとネタバレになってしまいますが
「コーディー・ナカモト」は若月狗狼丸の最初の敵だったんですよね。

で、若月狗狼丸に負けるんですが
こいつが狗狼丸側として他の殺し屋と戦います。

「殺し屋なのになんで??」

と、ツッコミを入れてしまうところですが
「雇い主が変わった」という理由で一気に味方になる

 

面白いですよね~

 

そして真魚を殺しにかかる殺し屋達が無数に存在するんですが
殺し屋達にはある謎のルールがあって

「真魚だけでなく、他の殺し屋をみたらそいつも始末しろ」

という事です。

なので、敵同士の殺し屋のバトルも楽しめるという

「バトルロイヤル」が楽しめます。

 

要は自由なんですよ。

とにかく面白いキャラクターが面白いバトルを展開するためだけに
設定を作り込んでいる

 

これが「DOG END(ドッグエンド)」の持ち味です。

「DOG END(ドッグエンド)」で展開される
殺し屋達のバトルを展開しましょう!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

人気漫画が毎日更新される無料漫画アプリはコレ!
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガワンは日本最大級のWebマンガサイト
過去の名作、有名作家の新連載など超人気コミックが集結!! 毎日無料で楽しめます!

もちろん「DOG END(ドックエンド)」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】ーマンガワンー人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ

【Android専用】ーマンガワンー人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

また、配信期間が終了している場合がありますので、その際はご了承下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

「DOG END(ドッグエンド)」の全体評

「DOG END(ドッグエンド)」は殺し屋をテーマにした格闘漫画です。

殺し屋をテーマにしている事でキャラクター設定が自由になっており
バトルの内容を十分に楽しめる仕上がりになっています。

ストーリーも自由なので、とにかく熱いバトルと面白いキャラクターを見られますよ。

馴染みのない漫画だと思いますが
「DOG END(ドッグエンド)」

一度、読んでみてください。

 

 

「DOG END(ドッグエンド)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。