「風のシルフィード」は馬が人に見える希少な競馬漫画!【感想・評価、無料情報付】

Pocket

週刊少年マガジンで1989年から連載されていた
人気漫画「風のシルフィード」(作者:本島幸久)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「風のシルフィード」が面白い理由と魅力

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「風のシルフィード」を無料で読む方法についても話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「風のシルフィード」

です。

 

表紙を見ていただくだけで、
どんな漫画なのかは想像できるかと思いますが

まずは「風のシルフィード」が、
どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「競馬漫画」です。

 

そうです、私が大好きな競馬を取り扱った漫画です。

ちなみに私は漫画のブログを始める前に
競馬のブログをはじめていて
競馬の攻略法やデータなどをメルマガで伝えていたりします。

 

馬券の回収率アップに役立つ情報を掲載しているので
もし良かったら私の競馬メルマガに登録してくださいね。
(もちろん、登録は無料です)

無料メールマガジンの登録はコチラ

ちなみに競馬ブログはこちらです。

こっちは競走馬の出走情報や
騎手や種牡馬のデータなどを載せているので
こちらも予想立つと思いますので、見て下さいね。

MOTOの競馬ブログはコチラ

 

という事で、ちょっと本筋からそれてしまいましたが

私が大好きな競馬を題材にした漫画
「風のシルフィード」のレビューを書いていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「風のシルフィード」はどんな作品?

「風のシルフィード」は週刊少年マガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルは競馬漫画
作者は本島幸久
コミックスは全23巻が発刊されています。

 

作者:本島幸久
出版社:講談社
掲載誌:週刊少年マガジン
掲載期間:1989年~1993年
巻数 全23巻

 

 

「風のシルフィード」を無料で読むには

「風のシルフィード」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「風のシルフィード」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「風のシルフィード」と検索して下さいね。

 

 

「風のシルフィード」の概要とあらすじ

舞台は競走馬を生産する生産牧場。

個人経営で細々と運営している
森川牧場ではサザンウインドが難産により1週間以上苦しんでいました。

サザンウインドはGIである桜花賞で
奇跡の末脚を見せ3着に入った馬で
母親のいない主人公森川駿を支えた思い入れのある馬でした。

 

駿はサザンウインドの子供の名前を中学校の担任である
妙子先生に考えてもらい

「シルフィード」という名前を貰っていました。

サザンウインドはなんとか出産を成功させたものの
長く続いたお産のダメージで死亡してしまいます。

そして産まれてきた仔馬は競走馬として致命的な
浅屈腱炎を持っていたことで駿の父親は絶望し
安楽死処分を取ろうとします。

しかし、思い入れのあるサザンウインドの最初で最後の子供という事で

駿は自分一人でも育てるのだと啖呵を切り、
シルフィードの面倒を見始めます。

果たして、シルフィードは競走馬として成長できるのか??

ライバルたちをなぎ倒して日本ダービーを勝つことが出来るのか??

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「風のシルフィード」と検索して下さいね。

 

いかにもこの1980年台の漫画の掴みという感じですが
今後続くストーリーもまさにこの世代の王道です。

また競馬は世代によってレース名が変わったり
年齢表記が変わったりしています。

風のシルフィードが描かれていた時代は
昔の表記(昔の3歳が現在では2歳と表記など)になっているので

そんなところも懐かしく見てもらえると良いのかなぁと思います。

という事でバブル世代の王道競馬漫画

「風のシルフィード」の魅力を語っていきましょう。

 



 

「風のシルフィード」のここが素晴らしい!

とにかく可愛いシルフィード、耐え忍ぶ彼の姿に胸キュン

「風のシルフィード」を読んでいて真っ先に思った事

それは「シルフィードが可愛いすぎる」という点

 

綺麗な白い馬体で可愛い表情を見せるという以前に
シルフィードは半分人間なんですよ。

馬の顔ではないし、人の心や気持ちを瞬時に察知してしまい
それに対して反応を返してくれている
シルフィードの姿はとにかく愛くるしいです。

そして、シルフィードはとにかくイジメられるんですよね~

皐月賞で背中を負傷したシルフィードが
獣医から全治2ヶ月という診断を受けたにもかかわらず

鞍上の駿は

「これじゃマキシマム(シルフィードの最大のライバル)に勝てないじゃないか!」

と言い、シルフィードのケガをそっちのけにして
日本ダービーに向けてバシバシ鍛えはじめただけでなく
トライアルレースまで使ってしまうんですよ。

もう動物虐待レベルの調教です(笑)

 

そして、菊花賞を迎えるに当たって最重要トライアルとなる
神戸新聞杯に出走するにあたり

極度のスランプに陥っている谷村に「自信をつけさせるため」
という理由だけで騎乗させて、その挙げ句に
酷い騎乗でシルフィードに負担をかける競馬を強いる

という馬の調整を完全に無視したローテーションを組まれていました。

そんなひどい目に遭いながらもシルフィードは頑張るんですよね~

駿が減量を失敗して物理的な負担を強いられても
体を痛めるような進路を取られても

シルフィードは不満を言わずに頑張ります。

身内からイジメられても健気に頑張り続ける
愛らしく、可愛らしいシルフィードのに注目です。

 




 

競馬ファンは温かい目で見てあげてね

私は冒頭で話したように競馬が大好きで
競馬愛に満ち溢れてしまっているので
「風のシルフィード」を見るとちょっとイラっとしてしまうんですよね。

先ほども話しましたが、馬の都合を全く無視した
ローテーションや調教を繰り返しているので

「もう少し競馬の勉強をしてから書けよ」と思ってしまいます。

 

また、レースが始まると毎回のように主役達のマッチレースで
3着以下は10馬身離されるみたいなパターンばかりで

「競馬ってそんなに簡単じゃねーんだぞ!」

と思ってしまったりして、
作者の競馬知識の浅さに辟易してしまいます。

だけれども、これは漫画ですからね。

そのあたりを含めて温かく見守る目が必要なんだなと思うんですよ。

 

キャプテン翼を見て「いやいやあんなプレー出来ないでしょ」
とサッカー選手がマジで怒るみたいな事は必要ないですからね。

競馬ファンであればあるほどに競馬漫画を読みたくなるし、
競馬ファンであればあるほどに漫画の矛盾に腹が立つと思うんですが

競馬を主題にしたヒーロー漫画だと思えば楽しく見られると思いますよ。

 

 

「風のシルフィード」の全体評

「風のシルフィード」は1980年代に描かれた漫画という事で
良くも悪くも“粗さ”が目立つ作品になっています。

ただ、そのなかでシルフィードの可愛さは
一際目を引いて、応援したくなる気持ちになります。

競馬の漫画ではありますが、知識のない人の方が
楽しめる漫画に仕上がっていると思いますので
先入観を持たずに一度読んでみて下さい。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選