「錻力のアーチスト」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

2013年から週刊少年チャンピオンで連載されていた
人気漫画「錻力のアーチスト」(作者:細川雅巳)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

清作は穂村からホームランを打つ事が出来たのか?

桐湘vs港南の勝負の行方はどうなったのか?

などなど「錻力のアーチスト」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

2013年から週刊少年チャンピオンで連載されていた

「錻力のアーチスト」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「錻力のアーチスト」は濃い口に見せて以外にあっさりいける野球漫画

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「錻力のアーチスト」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「錻力のアーチスト」を無料で読む為には

「錻力のアーチスト」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「錻力のアーチスト」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「錻力のアーチスト」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

神奈川の宮丸シニアに所属する清作雄(きよさく ゆう)は
4試合で7本のホームランを打つほどのスラッガーでした。


(主人公の 清作 雄)

エースの八子遼一朗とチームメイトで活躍していましたが
全く協調性がなく、一人で野球をしている人間でした。

清作は港南学院のスカウトしてもらう為に
自分だけが目立てばいいというスタンスで仕事に臨みます。

 

関東大会の決勝。

宮丸シニアは白樫シニアと戦いますが

清作はミスをしたチームメイトに罵声を浴びせ、
「自分の足を引っ張るな」と怒鳴り、八子を含めたチームと衝突。

故障の影響もあり、ホームランも放てず
試合には勝ったものの港南学院のスカウトが来たのは八子だけでした。

 

そして、清作は県立桐湘高校へ入学をします。

桐湘はベスト8の実績を持つ強豪で
弐織敏(にしき さとし)というスラッガーがいるチームでした。

清作は入部初日から四番をアピールしますが、
弐織の能力の高さに完敗を認め、弐織を超える事を目標とします。

 

清作は今までと違い、野球を楽しめる環境である事に気付きます。

夏の甲子園出場を目指す桐湘は春の県大会で
シード権を奪い、優勝を狙うため試合に臨みます。

 

桐湘は3回戦を4対0で勝ちシード権を獲得。

ベスト8で豪腕ピッチャー蛮堂(ばんどう)と
スラッガーの蓬莱(ほうらい)率いる蔡理高校と対決します。

試合は接戦となりますが

9回裏に弐織のヒットでホームを狙った
清作がタッチアウトとなり、5対4で敗れてしまいます。

結果はベスト8止まりでした。

 

夏にリベンジを果たすべく桐湘は、

西東京の強豪である豪徳高校と合同練習を行い、
レベルアップを図っていきます。

清作も蔡理の蓬莱に教えを請い、
自分の理想フォームを見つけるヒントを貰います。

 

そして、迎えた夏の大会。

桐湘は2回戦で対戦した麻生西戦に苦戦しますが

3回戦以降は順調に勝ち上がり
準決勝で再び蔡理と対戦します。

試合は行き詰まる投手戦となりながら
9回表に清作がツーランホームランを放ち
3対2で勝利を収め、決勝戦に進みます。

 

決勝は県内随一のスラッガー弐織義壱率いる港南学園との対戦になります。

緊張で体の動かない桐湘ナインは初回
上根(かみね)の先頭打者ホームランと
弐織義壱のスリーランで4点を先制されます。

緊張の解れた桐湘は2回裏に頭木の犠牲フライで1点を返しますが
その後は投手戦となり9回表まで0が続き、4-1のまま9回裏を迎えます。

逆転を誓う桐湘はツーアウトから児島と柊が出塁して、
清作がタイムリーヒットを打ち1点を返します。

そして、迎えた弐織敏の打席。

港南のエース穂村との真っ向勝負が始まります。

 

 

そして、物語は最終回へと移ります。

 

 




 

 

2.最終回のストーリー

穂村は初級、渾身のストレートを投げ込みます。

それを真芯で捉えた弐織の打球は、
清作が見守る中、バックスクリーンの上段まで運びます。

 

このスリーランホームランで桐湘は5-4とサヨナラ勝ちを収めます。

あまりの豪快な打球に呆然と外野を見る清作は
弐織敏に促されグラウンドを回ります。

 

清作が三塁ベースを通る時に弐織義壱から

「まだまだ、だな」

「だが、スイング自体は悪くなかった」

と声を掛けられます。

清作はこの言葉を噛み締め弐織兄弟を超えなくてはいけない、と心に刻み込むのでした。

 

そして、敏は義壱に対して

「二塁打とホームランが一本ずつで3打点。
結果は同じだが勝利に繋げた自分の勝ちだ」

と伝え、義壱もそれを認めます。

そして「甲子園で暴れてこい」というメッセージを伝えます。

 

選手が整列した時に穂村は之路に

「甲子園でポンコツを晒さないで下さいね」

と激を飛ばします。

 

そして、清作はかつてのチームメイトだった八子に声をかけます。

「俺は負けたから手に入れられたものがある」

「今度は勝つことでしか手に入れられないものを、甲子園で掴んできてやる」

「神奈川最強じゃない、高校最強のバッターの座をな!」

と宣言をしますが、弐織敏に小突かれ

「俺に勝ってから言え、クソ天然!」

と言われます。

 

そして最後、清作が弐織に向かって

「負けねぇっス」

と言い返したところで物語は終了となります。

 

 



 

 

「錻力のアーチスト」最終回の感想

「錻力のアーチスト」の持ち味として

”試合のテンポが抜群に良い”

というものがありますが、

最終回はちょっとあっさりと終わっちゃったなぁ

という印象がありますね。

 

とかく主人公だけが目立つ漫画が多い中で

最後は弐織敏が締めくくるというあたりは
チームスポーツとしての魅力は伝えられていたかなぁ

と思いますが、

甲子園出場を決めた感動や余韻をもう少し堪能できると
終わり方も美しくなったと思うんですよね~

 

ただ、全体としては

野球漫画の中でも平均以上の仕上がりになっています。

ですので、まだ読んでいない方は是非読んでみてください。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧