「自殺島」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

ヤングアニマルで2008年から連載されていた
人気漫画「自殺島(じさつとう)」(作者:森恒二)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

人を殺めたセイはたくましく生きていけるのか??

自殺島にずっと救いの手は差し伸べられないのか??

などなど「自殺島」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

ヤングアニマルで2008年から連載されていた

「自殺島」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「自殺島」ってホラーかと思ったら深い作品だった!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「自殺島」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「自殺島」を無料で読むには

「自殺島」をすぐ読みたい方は
「マンガPark」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める!
全巻まとめ読み&先読み機能搭載!

もちろん「自殺島」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「自殺島」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「自殺島」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公のセイは自殺未遂を繰り返す人間でした。

年々増える自殺者に頭を悩ませていた政府は
自殺者に対する支援を取りやめ
国民としての資格をはく奪する制度を作ります。

そして、IDをはく奪された国民達の掃き溜めとして
「自殺島(じさつとう)」と言われる孤島が用意され
自殺を繰り返すものは自殺島送りになっていました。

セイは自殺未遂を繰り返していた事もあり
「生きる意志がない」という判断をされ、自殺島送りになりました。

 

自殺島で目覚めたセイは同じ境遇で
自殺島に送られた人達との共同生活がはじまります。

自殺者、暴行、レイプ、人間のむき出しの欲望が表に出てくる
無秩序な世界の中でもリーダー格であるリョウ、カイを中心として
セイ達は人間として必死で生きていく方法を見つけ出そうとします。

 

魚漁、農作などで食料を確保しようと動く中
セイは生気が溢れる鹿の群れに心を奪われて狩りをする事を決めます。

セイは全ての命に感謝を捧げて、鹿を狩って、食べるのでした。

杉村、リュウ、トモ、ナオ、ボウシ、ミノルなど
苦楽を共にする仲間と一緒に生活してきたセイ達には
絆が生まれて、グループ内での問題を抱えながらも懸命に生きていきます。

そして、セイは思いを寄せる女性リヴとの交流も深めていきます。

 

そんな中、もう一つの集落である
サワダグループとの争いが激化していきます。

カリスマを持ちながら、覚せい剤などを常習し、
常に争い、スリルを好んでいるサワダは
セイ達のグループに大きな被害をもたらします。

そして仲間だったカイも弱った人間を殺したことから
セイ達はグループを追放し、カイはサワダについた事で

さらに戦いは激化していくのでした。

 

本格的な争いになった両グループですが
サワダはリヴに矢を射られ、海でサメに喰われたことで決着します。

集団での争いはなくなりますが、危険人物であり
唯一の不安要素であるカイだけは拘束するのでした。

 

ナオによる出産、セイとリヴ、ボウシとタエの二組の結婚。

様々な障害を乗り越えてセイ達は逞しく生きていくのでした。

そんな中、リョウは監禁されていたカイを外に出してあげます。

するとカイは隠していた刃物でリョウを刺し、
目撃者であるリヴを人質として拉致していきます。

カイはセイに一人で来るように伝えて
セイを待ち伏せして殺す計画を立てていました。

 

見晴らしのいい平原に行ったカイはリヴを木に括りつけて、
タイムリミットを夕刻までとしてセイを待ちます。

セイは遠くからカイの姿を確認しますが、対応策が無く悩んでいると
以前一緒に鹿を食べた先住の男が現れます。

セイは先住の男に囮になってもらうよう頼んで
こっそりとカイの元に近づいていきます。

 

そして、弓を放ちカイの胸に矢を刺します。

カイは自分が他人の気持ちを思いやれずに悩んでいた事を告白し
安心したような表情で死んでいくのでした。

 

そして、物語は最終回へと移ります。

 




 

2.最終回のストーリー

カイを追って、山に向かったセイとリヴを心配するスギ達。

旧サワダグループにも聞きに行きますが行方は分かりません。

 

そんな中、セイとリヴが帰ってきます。

セイは先住の男を連れてきており、リュウ達に
「この人は命の恩人である」と紹介をします。

リュウはカイの事をセイに聞きます。

セイは「カイは逝ったよ。僕が殺した」と答えます。

「良くやったね」、「大変だったね」と労う仲間たち。

そんな仲間たちにセイはリョウの遺体について聞くと
スギは「まだ埋葬しておらず、今日一日まで待つことを決めた」と言います。

 

皆でリョウの遺体を運びます。
リョウは死斑も出ておらず、キレイな顔をしていました。

みんなは「きっとセイを待っていたのだろう」と言います。

リョウという人間の存在の大きさ。

もし、リョウがいなかったら皆は…
もし、リョウがいなかったらセイは…

という事をセイは考えていました。

 

海岸通りを登った先にミノル以外のみんなのお墓がありました。

そこにリョウも眠ります。

皆は、なぜ…、どうして…、という気持ちは消えませんでしたが
「ありがとう」という気持ちがそれ以上に強く湧き上がっていました。

全員は泣きながらリョウに別れを告げるのでした。

 

リョウを弔い、海岸通りを帰る一行は何隻もの船が海岸に泊まっているのを見ます。

海上保安庁が放送を行い「この島は開放されました」と言い
病人や救護の必要な人を保護すると告げるのでした。

その光景を見て、不思議と「助かった」と口にする者はいませんでした。

なぜなら「セイ達はここでしっかりと生きてきた」から…

 

自殺未遂常習者 隔離目的特別自治区

通称「自殺島」は政府の特別自治区見なおしにより開放される。

以後、島の住人とNGO団体により ”イキルの島” と改名

特別自治を保ったまま未遂者などの社会復帰プログラムに活用されている。

 

そして、数年が流れた…

 

セイは大人になってイキルと一緒に鹿を狩ります。

狩った肉を待つ仲間たち。

その仲間の中には、リヴと二人の子供であるリョウがいました。

3人の幸せそうな姿を描いて「自殺島」は終了となります。

 



 

「自殺島」最終回の感想

「自殺島」の最終回は、

セイ達が自殺島で、逞しく生きていく姿を描いていく

という形で終了しました。

自殺島が強制的にいる場所ではなくなったのに
彼らは自らが望んで自殺島を選んだ

というあたりが感慨深いですね。

 

自殺島は日本本土にいるよりも
遥かに不便な環境にいるんですよね。

食べ物だって安定して取れるとは限らないし
もちろん食べられる種類、調味料も少なく
圧倒的に質が低くなる。

一旦風邪を引いてしまうと
それが死への引き金になってしまうかもしれない。

スマホもなければ、テレビもないし
交通機関もなければ、電気・ガス・水道もない

圧倒的に不便な環境であるけれども
それが不幸せな環境ではない。

 

人間が求める幸せは決して便利さではないですし
表面的なステータスでははありません。

自分が本当に求めるものは何なのか??

それは当然人によって違うのですが
人によって違うだけに自分と対話する必要があるんだ。

という事に気付かせてくれました。

重厚で厳しくも温かみのある素晴らしい作品でした。

また「自殺島」を読んでいない人は
是非一度読んでみて確かめてみてください。

 

ちなみに「自殺島」1巻分を無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「自殺島」1巻分を無料で読むのはコチラから>>

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選