「監獄学園」のエロと変態とバイオレンスはギャグ漫画として突き抜けている!?【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

週刊ヤングマガジンで2011年から連載されていた
人気漫画「監獄学園(プリズンスクール)」(作者:平本アキラ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「監獄学園(プリズンスクール)」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「監獄学園(プリズンスクール)」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「監獄学園(プリズンスクール)」の魅力なども語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「監獄学園(プリズンスクール)」

です。

「監獄学園(プリズンスクール)」は2011年から連載されていた漫画です。

ちなみに私は「監獄学園」の読み方が
「プリズンスクール」である事を知らずに

ずっと『かんごくがくえん』と呼んでいました。

 

おいおい、そんな奴が「監獄学園(プリズンスクール)」のレビューを書くのかい!!

と、思ったかもしれませんが

だって、日本人なら「かんごくがくえん」って読むでしょ!!

「監」=プリ
「獄」=ズン
「学」=スク
「園」=-ル

って、一回も学校で習ったことないですもん!!

完全に日本人泣かせのタイトルですよ、これ。

 

ちなみにこの漫画にはもう一つ騙されています。

私は週刊誌(もしくは月刊誌)で連載を読んで気に入った漫画を買うのではなく
タイトルとジャケットを見て、最初の数十ページを試し読みしたあとに
コミックを買っていくタイプ(もしくは漫画喫茶で読んでいくタイプ)の人間なので

大体、タイトルとジャケットでジャンルを想定して
面白そうかどうかを選んで読んでいくんですが…

「監獄学園?、これは面白そうなサスペンスホラーだなぁ」

と、思って最初はサスペンスホラーを期待して
「監獄学園(プリズンスクール)」を読み始めたんです。

 

で、スリルを期待して漫画を読んでいったら

この漫画は「ギャグ漫画」だったんです!

 

いやいや、このタイトルとジャケットで
「ギャグ漫画」はないでしょ!!

と、心の中でツッコミを入れながらも
なんとなく続きが気になって読み進めてしまい

結局、全部読んでしまったんですよね~

 

最近、ギャグ漫画はあまりみないのですが

「監獄学園(プリズンスクール)」には思わずはめられてしまいました。

 

そんな「監獄学園(プリズンスクール)」がどんな漫画なのか?
そして、「監獄学園(プリズンスクール)」の面白い点や素晴らしい点

「監獄学園(プリズンスクール)」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「監獄学園(プリズンスクール)」はどんな作品?

「監獄学園(プリズンスクール)」は月刊ヤングマガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはギャグ漫画
作者は平本アキラ
コミックスは全28巻が発刊されています。

 

作者:平本アキラ
出版社:講談社
掲載誌:月刊ヤングマガジン
掲載期間:2011年10号~2018年4・5号)
巻数 全28巻




 

「監獄学園(プリズンスクール)」の概要とあらすじ

東京都郊外にある私立八光学園

首都圏でも有数の進学校である八光学園は
ずっと女子校でしたが、今年ついに男性にも門戸が開かれました。

しかし、八光学園に入学した男子はたったの5人

女子1000人に対して男子5人

 

実に200対1という男女比となっていました。

 

 

そんな八光学園に入学した男子5人

「監獄学園(プリズンスクール)」の主人公である
キヨシこと藤野清志


(主人公の キヨシ)

 

そして、ガクトこと諸葛岳人

 

シンゴこと若本真吾

 

ジョーこと根津譲二

 

アンドレこと安藤麗治

 

5人は花の学園生活を夢見て入学してきましたが
女子の多さに圧倒され、話すことが出来ません。

そして、八光学園には「男性と接触してはいけない」という
謎の指令がいきわたっており、学園に馴染むことも許されません。

 

 

そんな状況を打開すべく、キヨシ以外の4人は

「女子風呂の覗き」を敢行します。

 

 

しかし、4人は敢え無く生徒会に捕まり
4人と同調する形で女子風呂に入ってしまったキヨシも
生徒会長の万里に捕まってしまいます。

 

捕まった5人は

「懲罰棟における1ヶ月の懲役を命じられます」

 

果たして、キヨシをはじめとする5人の男子は懲罰棟を無事抜け出せるのか?

男尊女卑ならぬ『女尊男卑』を前面に出しながら
捕まった5人の男子達の悲惨な姿を
有り余るギャグで描いたギャグ漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

ギャグ漫画ですからね。

ストーリーなんてこんなものです。

リアリティーはないし、やっている事はメチャクチャなのが
ギャグ漫画という奴なので、細かい設定は気にしない方がいいです。

 

実は第一話を見た時はまだギャグ漫画である事に気づいていませんでした。

それほどまでに圧倒的な画力がウリでもあるのですが

ギャグ漫画なのに

「すごくハラハラさせられるんですよね~」

 

「この漫画、ただのギャグ漫画じゃねーな!」

そんな感想を私に持たせてくれた
「監獄学園(プリズンスクール)」の素晴らしさと面白さについて語っていきましょう!!



 

「監獄学園(プリズンスクール)」のここが凄い!

バイオレンスと変態ぶりの突き抜け方が最高!

「監獄学園(プリズンスクール)」を語る上で欠かせないのが

「バイオレンス」

です。

先ほど、男尊女卑ならぬ「女尊男卑」と言いましたが
とにもかくにも男がやられまくります。

 

生徒会(実際は裏生徒会と呼ばれている)の
言う事に絶対服従なんですよ、こいつらは。

なので、人権の「じ」の字もなくとにかく殴られまくります。

 

一言発するだけで殴られ

 

少しでも反抗するそぶりを見せると殴られ

 

水も飲ませてもらえない

 

そのバイオレンスぶりは突き抜けています。

 

そして、そのバイオレンスを楽しむ男子達

 

「ドS女子とドM男子の競演」なんです!

私のようなドS男子にとっては見るに堪えないくらいの
やられっぷりを見せてくれるんですが

その突き抜けっぷりにはただただ感服するだけです。

 

これがドM男子やドS女子だったら
感服に加えて共感も入るんだろうなぁ

と、思うと末恐ろしい作品です。

 

そして、登場人物はもれなく変態です!

 

キヨシは一見普通に見せながらも

結局のところ「こうですよ」

 

最初は設定の無理っぷりに戸惑いながらも
見事な踵落としを決められてしまっては
ただただ笑うしかありません。

 

太古の昔から「変態」は面白いと決まっているんです!

子供だって「チ〇コ」とか「ウ○コ」とかしょっちゅう言ってるでしょ

そして「チ〇コ」とか「ウ○コ」とか言って大笑いしているでしょ

人間の脳は「変態」が面白いと遺伝子にインプットされているんですよ。
(諸説無し、完全に私見です)

 

「監獄学園(プリズンスクール)」が見せる変態なキャラクター達

そして、その変態を際立たせたり、退治したりするのに出てくる

「バイオレンス」

 

この絶妙な組み合わせが
「監獄学園(プリズンスクール)」の持ち味ですよね~

 

 

暴力と変態にエロスが加わってギャグの三大要素をコンプリート!!

先ほどは「監獄学園(プリズンスクール)」の
「バイオレンス」と「変態」について話しましたが

「監獄学園(プリズンスクール)」はここに加えて

圧倒的な「エロス」も入ってきます。

 

 

生徒会の副会長なんて、ただのセックスシンボルの塊ですよ。

 

こんな恰好されたらお仕置きされているのか
ご褒美を頂いているのか良く分かりません。

 

恰好だけ見ているとサザエさんに出てくるワカメちゃんと同じなんですけどね~

ワカメちゃんとはエロス度合いが全く違う訳です。

 

ちなみにサザエさんはあんなにほのぼのとした漫画なのに
なんで、ワカメはちょっとエロ要素を持ちこんで来ようとしているんですかね~??

中島君に気があるんですかね~??

と、どうでもいい話は置いといて

 

人間の備わった本質的なお笑いネタに

「下ネタ」は欠かせません。

 

子供も「チ〇コ」だ「ウ○コ」だ言ってますからね~

「監獄学園(プリズンスクール)」は人を笑わせるためなら
どんなことでもやってきますよ。

サッカー日本代表が2018ロシアワールドカップのポーランド戦で
負けているにも関わらず、自軍でボール回しをして時間を稼いだこと以上に

人を笑わせるのに手段を問いません!!

 

人間を本能的に笑わせるための3大要素である

「変態」「エロス」「バイオレンス」

この3つの具材を惜しむことなく漫画に詰め込んで
コトコト煮込んでいる訳ですから

まあ、面白いギャグ漫画になってしまうのは仕方がありません。

脇腹をくすぐられるくらい反則技のオンパレードですが

「監獄学園(プリズンスクール)」で笑わされてください。

 

 

「監獄学園(プリズンスクール)」の全体評

「監獄学園(プリズンスクール)」は一見、サスペンスホラーに見える
タイトルと表紙ですが、その内容はコテコテのギャグ漫画です。

人間が本能的に備えている

「変態」「エロス」「バイオレンス」

を持って全力で笑わせにかかってくるような作品なので
「下品なお笑い上等!」と思っている人は
是非「監獄学園(プリズンスクール)」を読んでみてください。

 

 

「監獄学園(プリズンスクール)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。