「ハイキュー!!」が描く等身大のストーリーは漫画界の革命かもしれない!【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

週刊少年ジャンプで2012年から連載されている
人気漫画「ハイキュー!!」(作者:古舘春一)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「ハイキュー!!」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「ハイキュー!!」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「ハイキュー!!」の魅力なども語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「ハイキュー!!」

です。

「ハイキュー!!」は2012年から連載されている漫画です。

「ハイキュー!!」は少年誌のトップを走る週刊少年ジャンプが誇る
スポーツ漫画の筆頭といった存在。

 

「ワンピース」や「約束のネバーランド」など
ジャンプを代表する作品にも決して劣らない作品に仕上がっています。

  
(左:ワンピース 、 右:約束のネバーランド)

とはいえ、「ハイキュー!!」の事を知らない人はまだまだいるとと思いますので
まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「スポーツ漫画」です。

 

「ハイキュー!!」という言葉にヒントが隠れていますが

「ハイキュー!!」はスポーツ漫画の中でも
「バレーボール」を扱った漫画です。

「ハイキュー!!」の語源になっているのは

「排球」

という言葉です。

バレーボールの事を中国では「排球」という事から
日本でもバレーボール部の事を「排球部」なんて言う事もありますね。

そんな訳で「ハイキュー!!」はバレーボール漫画な訳ですが
バレーボールを題材とした漫画も数多くリリースされています。

 

「ハイキュー!!」の次に有名なのは
週刊少年チャンピオンで連載している「ハリガネサービス」です。


(ハリガネサービス)

「ハリガネサービス」も面白い漫画ですが、この漫画以外にも面白いバレーボール漫画はあって
過去を遡ると週刊少年サンデーで連載されていた「健太やります」なども名作です。


(健太やります)

もちろんこの「ハイキュー!!」も面白い漫画で
バレーボールは少年漫画に合っている題材なのかなと思います。

 

まあ、ここでふんわり説明しても素晴らしさが伝わらないと思うので
「ハイキュー!!」がどんな漫画なのか?
そして、どんなところが面白い点や素晴らしい点

「ハイキュー!!」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

「ハイキュー!!」のネタバレ・試合結果を見たい方はコチラへ

【ネタバレ】「ハイキュー!!」の試合結果、烏野高校の成績は?

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「ハイキュー!!」はどんな作品?

「ハイキュー!!」は週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画です。
ジャンルはスポーツ漫画(バレーボール漫画)
作者は古舘春一
コミックスは33巻が発刊されています。
(平成30年8月14日現在)

 

作者:古舘春一
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
掲載期間:2012年12月号~
巻数 33巻
(平成30年8月14日現在)




 

「ハイキュー!!」の概要とあらすじ

バレーボールが大好きな主人公の日向翔陽(ひなた しょうよう)は
街の電気屋で見たテレビの中のバレー選手に憧れを持ちます。

そのバレー選手は「小さな巨人」と言われており
身長が低い不利をジャンプ力でカバーして活躍している選手でした。

 

小さな巨人同様に背が低い日向翔陽ですが
小さな巨人に憧れてバレーボールを始めることを決意します。


(主人公の 日向 翔陽)

日向翔陽が中学時代に通っていた学校は
弱小バレーボールチームで、他の部員の掛け持ちと1年生でチームを組んでいました。

初戦の相手は、強豪校である北川第一中学校

この学校には“コート上の王様”という異名を持っている
影山飛雄(かげやま とびお)という人物がいました。


(影山 飛雄)

日向翔陽率いる雪ヶ谷中学と影山飛雄率いる北川第一中学の試合は
実力校である北川第一の圧勝

ボロ負けした日向翔陽。
その類まれなる運動能力を生かし切れずに
弱小チームしか作れなかった日向翔陽に影山飛雄は

「お前は、3年間 何やってたんだ!」

とキツイ一言を浴びます。

 

そして、試合後日向翔陽は影山飛雄に対して高校での
リベンジを近い宣戦布告をします。

 

高校生になり、宮城県立烏野高等学校に入った日向翔陽

そこに待っていたのは同じく烏野高等学校に入った影山飛雄でした。

影山飛雄は県内一の強豪校である白鳥沢高校に落ちて烏野高校へ入ってきましたが
そのストイックすぎる姿勢から周りのバレー部員と上手くプレイすることができず

孤独な“コート上の王様”

となっていました。

まだまだ未熟ながらもバレーボールへの強い気持ちを見せる日向翔陽

ピカ一のセンスと才能を持ち合わせながらも
精神的な未熟さがプレイの足を引っ張る影山飛雄

二人は衝突しながらも烏野高校のバレーボール部として切磋琢磨を続けます。

果たして日向翔陽は烏野高校のエースになる事が出来るのか?

名門復活を狙う烏野高校はどこまで勝ち上がる事が出来るのか?

 

高校バレーを舞台として、王道のストーリーを描く、本格バレーボール漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

 

あらすじで説明した通り王道のストーリーです。

正直なところ最初は絵の感じが好きじゃなかったので毛嫌いしていたんですが、
ジャンプの中でも常に人気漫画として上位にくるので

1巻から読み進めることにしたら

「ハイキュー!!」の素晴らしい点がいっぱい出てきました。

 

という事で、これから「ハイキュー!!」の素晴らしさと面白さについて
語っていく中で説明していきたいと思います。



 

「ハイキュー!!」のここが凄い!

現実路線を突き詰めに突き詰めて名作を生んだレアな漫画!

「ハイキュー!!」という漫画の一番の特徴は

“等身大のストーリー”

だという事に尽きます。

 

スポーツ漫画に限らず、漫画ってどうしても

現実路線から離れていってしまうんですよね~

同じバレーボール漫画であるハリガネサービスとかは
主人公が魔球ともいえるサーブを操って10連続得点を挙げたり、
強豪校が25対0と完封試合で勝利したり

と、キャラクターを立たせるため、
そして、試合内容を盛り上げるために
漫画ならではの技などを披露してくれます。

 

「ハイキュー!!」はこういった漫画ならではのスーパーマンの要素が極めて薄い!

極端な連続ポイントを獲ったりもしないので
20対15くらいのスコアになったら普通に20点取っている方が勝つし
(実際の試合でも95%以上の確率でリードしている方が勝ちます)

どんなに強い相手だったとしてもエース以外のスパイクが決まらないという事もありません。

普通の漫画だとエース(物語の主役級のキャラ)の力を引き立てるために
それ以外のわき役は全く活躍できない

というような描き方をするんですが、「ハイキュー!!」はそんな事がないです。

極めて現実的な試合展開を描いていますし
強い高校でも25対0みたいな試合にはなりません。

 

これって普通に書いていますけど
かなり勇気のいる事だと思うんですよね~

だって、試合内容が普通だったら読者って離れていきそうじゃないですか

そして、漫画を書いていれば、そのキャラクターの凄さを演出したくて
どんどんプレイを盛りたくなるじゃないですか

いわゆる漫画家の“性”みたいな誘惑に負けずに
ひたすらに等身大のストーリーを描き続ける

 

億万長者になったのに月20万円で生活しているようなストイックさ

これを持っているのが「ハイキュー!!」という漫画です。

 

等身大のキャラクターを描き続けることで
キャラクターのスペックが飛躍していく一般のスポーツ漫画と
どんどん差別化されていき

“普通なのに、個性的な作品”

という形でエッジがたった作品に仕上がっています。

 

過去に色々な漫画を見てきましたが

これだけ等身大のストーリーを描いて人気を博している作品

を見た事がありません。

 

「ハイキュー!!」の見せてくれる世界は

“漫画の世界ではなく、現実の世界”

それだけに物語に入っていける作品に仕上がっている点は注目すべき点ですね。




 

等身大の漫画だからこそ活きるキャラクター達は必見!

先ほども話した通り「ハイキュー!!」は等身大のバレーボール漫画です。

その等身大のストーリーゆえに

“キャラクターが活きている”

特徴があります。

 

もともとの才能が違えば、素質を活かすところも違う

そして、いい時もあれば、悪い時もある

これが私たちが普段感じている普通の世界です。

 

そんな世界の中で、普通の高校生が一生懸命練習をして試合に臨むからこそ

キャラクターの個性が活きてくるんですよね~

 

ズ抜けた素質がある影山飛雄でも新しい事にチャレンジした時は
あっさりと上手くいく、という事はありません。

 

影山飛雄にレギュラーを奪われる形になった
副キャプテンの菅原(すがわら)も自分に出来る事を探して
試合に出場できる選手に成長していきますし


(菅原 孝支)

キャプテンである澤村大地(さわむら だいち)が負傷した際に
ゲームキャプテンとして出場した縁下力(えんのした ちから)なども
しっかりと周りを見てキャプテンの代役を果たします。


(縁下 力)

 

なんというか「万能のキャラクターがいないんですね~」

それぞれのキャラクターに弱点があり
そして、強みも持っている。

 

普通の部活とかで考えても同じじゃないですか。

人間なんだから得意なことがあって、苦手なことがあって
だからこそ、それぞれの人間が素敵に輝く訳で…

 

等身大を突き詰めたからこそ、こういったキャラクターが出てくると思うんですよ。

「ハイキュー!!」に出てくるキャラクターは特別に
物凄い事をやる訳ではないですが

それぞれに個性があって素敵です。

 

 

「ハイキュー!!」の全体評

「ハイキュー!!」はバレーボール漫画ですが
多くのスポーツ漫画が取り払ってきた「現実感」を大切にしている漫画です。

漫画ならではの派手な技の応酬となっている空中戦のような試合展開はありませんが
現実論をひたすらに突き詰めてた事で、試合内容に「深み」を与えてくれています。

等身大を突き詰めた事で逆に個性を出した
「ハイキュー!!」は読み応えのあるバレーボール漫画ですね。

 

 

「ハイキュー!!」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。