「ドンケツ」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

ヤングキングで2011年4月から連載されている
人気漫画「ドンケツ」(作者:たーし)について
最終回のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

月輪会vs野江谷の抗争はどのような決着を迎えたのか?

ロケマサは最強を証明することが出来たのか?

などなど「ドンケツ」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

ヤングキングで2011年4月から連載されている

「ドンケツ」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「ドンケツ」はヤクザ漫画の最高峰かもしれない!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ドンケツ」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「ドンケツ」を無料で読む為には

「ドンケツ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「ドンケツ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

ドンケツのあらすじ(完全詳細版)

 

誰にもなびかず、体一つで数々の武勇伝を作ってきた
月輪会という組織に加入している弧月組のヤクザ、沢田マサトシ

沢田は敵の事務所にロケットランチャーをぶっ込んだ経歴がある事から
「ロケマサ」(ロケットランチャーのマサトシ)と呼ばれていました。

 

ロケマサは食べたもの買ったものはお金を払わず、
人を恐喝する事でお金を得ているならず者です。

しかし、敵対する組はそんな無茶苦茶なロケマサに手を出せません。

 

なぜかと言うとロケマサが圧倒的な強さを持ち合わせているから。

ロケマサは組に入りながらも自由奔放に動き回ります。

 

そんな暴れん坊のロケマサに内村タツオ
と言う人物が舎弟になりたいと申し込みます。

ロケマサは嫌がりながらもタツオを
カバン持ちにして一緒に行動するようになります。

 

ロケマサが所属する弧月組には
”チャカシン”というロケマサと同じくらいにぶっ飛んだ人間がいます。


(チャカシン)

 

そのチャカシンが刑務所から戻ってきて、弧月組に合流します。

そんなチャカシンに鉄砲を売りつける
十五夜組の麻生と小田切という人間がいました。


(左:麻生 右:小田切)

この二人に怪しい匂いを感じたチャカシンはロケマサに話を持ちかけます。

彼らの動きに怪しさを感じながらも、様子を見るロケマサとチャカシン

このやり取りが今後のドラマに発展します。

 




 

ロケマサの強さをききつけて

大阪、天神組ゲンコや東京、武双山一家の速水が
がロケマサを潰しにやってきます。

 

しかし、ロケマサは圧倒的な腕力で
ゲンコも速水も倒していくのでした。

 

そんなケンカに明け暮れるロケマサとチャカシンは

野口(月輪会の監査役)の命令で
麻生と小田切のいる十五夜組の調査を行います。

 

十五夜組の綻びを探し暴れまわるロケマサとチャカシンは

小田切と麻生が月暈組組長である
野江谷と親密な関係である事を突き止めます。

 

野江谷は月輪会の会長の座を狙っており
麻生を執行部へ押し上げ月輪会の乗っ取りを狙っていました。

ロケマサと月暈組とバトルを皮切りに、
弧月組と月暈組の全面抗争に突入します。

 

そして、ロケマサには小田切と麻生に組を潰された過去がある
桃次郎が子分として加わります。

 

暗殺部隊を使い弧月組を潰そうとする月暈組ですが、
弧月組の暗殺部隊に返り討ちにあったところで
月輪会の会長である宮本が仲裁に入って、事が収めようとしますが

野江谷は陰で弧月組の殲滅を図ります。

 

時は経ち、野江谷、小田切、麻生は動き出します。

野江谷は末端の組員が月輪会の掟を破る犯罪行為をするように促し、
月輪会を警察の的にして

月輪会のトップである宮本会長を警察に逮捕させ、月輪会を崩します。

 



 

野江谷率いる月暈組は派閥を連れて、月輪会を脱退。
小田切や麻生と共に月輪会潰しに動きます。

この抗争でロケマサ達は、警察に捕まってしまいます。

 

そして一年後、ロケマサやチャカシンら弧月組の主力が戻ってきますが

その頃、小田切と麻生の腹心である
杉田丈二とドムが主導権を握り悪事を働いていました。

 

 

ロケマサ達はドム達のアジトを突き止め襲い掛かります。

ロケマサはドムとタイマン勝負をしますが、結果はロケマサの圧勝。

最終的にドムはチャカシンに殺されてしまいます。

 

杉田丈二も捉え、麻生と小田切を呼び出させます。

そこにロケマサとチャカシンが現れ、二人を拉致します。

 

 

そして、桃次郎の手によって麻生と小田切は死亡します。

 

 

小田切と麻生の死によって弱体化した月暈組ですが、
野江谷は徹底抗戦をします。

そんな中、宮本が釈放されます。

 

野江谷は宮本に脅えながらも極道の意地で抵抗をしようとしますが
幹部も殺され、周りには誰もいなくなってしまいます。

 

野江谷は単身で宮本を殺しに行きますが
身内からのタレコミがあり、警察に追われる野江谷

刑事を人質にとり、もがく野江谷ですがら、己のヤクザ道を貫き頭を撃って自殺。

長かった抗争はここで終了となります。

 

そして、最終回へと移ります。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

2.最終回のストーリー

会長代行だった安部山は、

今回の事態に対して何もできなかった事に責任を感じて、
指を詰め宮本に謝罪をします。

そして、幹部を退き一平卒からやり直す決意を宮本にしました。

 

一方、旅に出たいという桃次郎の提案に腹を立てるロケサマ。

桃次郎は自分がロケマサ組を出ても大丈夫なように
経理や武器の管理などの事を後輩に託します。

そして、自分がロケマサ組に戻ってくる事を約束します。

 

弧月組の組長渡瀬は宮本に月輪組には戻らない事を伝えますが、
宮本への忠誠を誓います。

渡瀬はケジメをつけて、宮本に盃を返そうとしますが、
宮本は心の繋がりを重んじて受け止めませんでした。

チャカシンも宮本をバックアップする事を渡瀬に伝えます。

 

機嫌の悪いロケマサ。

桃次郎はロケマサに自分が旅に出る事を許可しろと詰め寄りますが

ロケマサは桃次郎をボコボコに殴り、旅に出る事を認めません。

しかし、一歩も引かない桃次郎はロケマサへの忠誠を誓い、
ロケマサ組の為に成長するんだという事を主張し、
いくら殴られても立ち向かいます。

気が済むまで殴ったロケマサは根負けして桃次郎の旅を認めます。

 

ヤクザにとって生きづらい時代に突入した現代。

次々と新しい法律が制定され、家を借りる事も、カードを作る事も、
通帳を作る事が出来ずに苦しくなる一方ですが、
数年後悪党の姿は進化していくのでした。

 

そんな中、ロケマサは喧嘩に明け暮れます。

そして「やっぱりヤクザの世界は腕っぷしぞ」

という決め台詞を言って、漫画「ドンケツ」の第一部が完了します。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「ドンケツ」最終回の感想

ストーリーとしてはヤクザ同士の抗争を描くという
このジャンルの漫画としては

「王道中の王道」という形でしたが、

迫力のある描写やリアリティーの高いストーリー
そして、魅力的なキャラクターで
最高に面白い漫画に仕上がっていました。

 

作者の方がそっちの世界出身の方なのかどうかは分かりませんが
反社会組織で、存在としては「悪」である。

という事が分かっていても

ロマンを掻き立てられられずにはいられない素敵な漫画でした。

 

私はヤクザという人種が嫌いですし
この手の漫画はあまり好きではないのですが

そんな私が最高に面白いと思った漫画なので
ヤクザ漫画に興味がない方も
是非、一度読んでみてくださいね。