「ザ・ファブル」の逆ハラハラ感に漫画を読む手が止まらない【評価・感想】

Pocket

週刊ヤングマガジンで2014年から連載されていた
人気漫画「ザ・ファブル」(作者:南勝久)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「ザ・ファブル」の印象的だった点

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「ザ・ファブル」のどのあたりが魅力的なのか?

見所も含めて語っていきつつ話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「ザ・ファブル」

です。

 

表紙を見るとあまり一般受けしそうな雰囲気がないように見えますが
2019年には映画化をされているほどの人気作品なんですよね~

タイトルだけではなかなかどんな漫画かが分からないので
まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「アクション漫画」です。

「ザ・ファブル」はアクション漫画ながらも
ちょっとコメディータッチであり
シリアスな場面ではきっちりと締める…

そんなメリハリの利いた作品になっています。

私も「ザ・ファブル」という漫画は知っていたのですが
表紙の絵の感じと、どんなジャンルかが良く分かってなかった事から
食わず嫌いをしていたのですが、

いざ読んでみたら「超面白い!!」

もっと早く読んでおけば良かったと思うくらいに
面白い作品だったので

どのあたりに面白いのか…

という点について、たっぷりとお話をしていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「ザ・ファブル」はどんな作品?

「ザ・ファブル」は週刊ヤングマガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはアクション漫画
作者は南勝久
コミックスは全22巻

 

作者:南勝久
出版社:講談社
掲載誌:週刊ヤングマガジン
掲載期間:2014年49号~2019年51号
巻数 全22巻

 

 

「ザ・ファブル」を無料で読むには

「ザ・ファブル」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「ザ・ファブル」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

「ザ・ファブル」の概要とあらすじ

それぞれの世界には天才がいる。

スポーツ、勉強、音楽、芸術、輝かしい世界にいる天才の他に
闇社会にいる天才もいる。

ここから物語が始まります。

殺しの天才であるファブルは依頼があれば、完璧な仕事を行っていました。

その仕事ぶりもあってか、ファブルの
ボスの元には多くの殺しの依頼が来ていました。

そして、数多くの仕事をこなして反感も買ってきた結果、
ボスはしばらく休業する事を決め、ファブルにも一年間の休養を命じます。

この命令を受けたファブルは運び屋である相棒と
一緒に大阪で身を隠す事になります。

偽造免許証を作り佐藤明として生きていく事になったファブル
佐藤洋子として生きていく事になった相棒は、
ボスと縁のある真黒組にお世話になることになります。

果たして、ファブルは平和に暮らしていけるのか??

明は殺しから卒業できるのか??

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ザ・ファブル」と検索して下さいね。

 

 

チート系漫画によくある主人公最強系のスタートです。

そうです、大きく見るとチート系の漫画ではあるのですが
主人公である佐藤明はおいそれと戦おうとしません。

ここに絶妙なストーリーとキャラクターを盛り込んでいき
「ザ・ファブル」という漫画の面白さを増幅させています。

という事で、「ザ・ファブル」の面白い部分を話していきたいと思います。

 



 

「ザ・ファブル」の特徴

生み出される逆ハラハラ感に漫画を読む手が止まらない!

「ザ・ファブル」の一番の特徴を話すと

”逆ハラハラ感” です。

普通の漫画というのは主人公に様々な強敵と災難が降りかかり
その災難を乗り越えていくという形がほとんどです。

「もう、こんな強敵には勝てないぃ~」

「こんなヤバイ問題はもう乗り越えらないだろ!」

みたいな状況に対して、主人公がそれを乗り越えていく事に
ハラハラドキドキを感じる訳です。

 

私の大好きな漫画「キングダム」とかはこの最たるところで

「絶対に李牧には勝てない!」
「絶対に信(秦)は負ける!」

みたいな雰囲気を超絶盛り上げて、最後には乗り越えていく訳ですが
「ザ・ファブル」はこれの逆パターンなんです。

 

「明をそっとしておいてあげて!」

という気持ちになってしまうんですよね。

最強過ぎる主人公佐藤明は殺し屋稼業を1年間休業しているので
普通に接している分には、完全に無害な存在なんですが
この明に対して刺激を加えてくる人物がたくさん出てくるんですよ。

「明に戦いを挑んでくるもの」
「明の実力が本物なのかを確かめようとして来るもの」
「明の友人に危害を加えようとするもの」

恋愛感情、嫉妬心などはもちろん喜怒哀楽が薄く
機械のような心を持つ明ですが、
いつ明がぶちぎれてしまうのか、心配になってしまうんです。

「あ~、このままじゃもうヤバイ。明にやられる~」

という敵を心配するハラハラ感が止まらず
漫画を読む手も止まらないという
ハマり要素の大きい漫画になっています。

是非、一度読んでみて下さいね。

ちなみに明の相棒(妹)である洋子も最強女子です。

洋子が繰り出す魔性の女感も見逃せないですよ。

 




 

コメディーとシリアスのバランスが絶妙

前述した通り、「ザ・ファブル」には逆ハラハラ感があるのですが
この逆ハラハラ感の間にあるコメディーも最高です。

ダウンタウンの松本人志さんが

「お笑いは緊張と緩和だ」

というような事を言っていましたが
「ザ・ファブル」も緊張と緩和を上手く使っています。

これっというようなギャグが出てくる訳ではないのですが

明のとぼけた性格と全てを受け入れるスケールと
洋子の魔性の女っぷりが、ストーリーにいい緩和を与えてくれています。

 

個人的に一番好きだったのは

佐藤洋子vs河合

河合はとにかく女にモテる事だけを考えて
服装・所持品・趣味・会話全てを
モテモードに設定した中身ペラのモテ男。

洋子は河合のペラ男ぶりを完全に見抜いた上で
暇つぶしの為に、わざと河合に気を持たせて
ホテルへ連れていこうという欲望を掻き立てた上で
酔い潰して、その姿を楽しもうとします。

この二人の戦いに対して

バーのマスターが心の中で公平なジャッジを加え
面白可笑しく、このバトルを見守っています。

この戦いがめちゃくちゃ面白かったですね。

さあ、どっちがこのバトルに勝利するのか!?

是非、漫画を見て確かめてみて下さい。

 



 

「ザ・ファブル」の全体評

ザ・ファブルはアクション漫画ですが
普通のアクション漫画とは違い

主人公と敵の立場を逆転させて
逆のハラハラ感を感じる作品になっています。

このストーリーに加えられるギャグシーンが
「ザ・ファブル」という作品の幅を広げており
飽きずに楽しく読めるようになっています。

映画化されている事からも一般人気の高さが分かりますので
是非、一度は漫画を読んでみてください。

 

 

お得にマンガ読むならコミック.jp!

《話題の新刊から定番マンガまで、マンガを読むなら『コミック.jp』》
国内最大級の品揃えであなたの読みたいマンガがお得に楽しめる!

無料マンガも常に数百作品配信中!
アニメ化したあの作品やドラマ化したあの作品も『コミック.jp』で読める!

コミック.jp 30日間無料お試しはココから