「ギフト±(プラスマイナス)」重~い漫画を読むならオススメ出来る作品!【感想・レビュー・ネタバレなし】

Pocket

週刊漫画ゴラクで2015年から連載されている
人気漫画「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」(作者:ナガテユカ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の素晴らしさや面白さ
などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介する上で若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」はどのあたりが特徴的なのか?

という点についても語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」

です。

 

タイトルに「±」という文字が入っているので
「この漫画、なんて読むんだろう?」

と思っていましたが、「ギフトプラスマイナス」と読みます。

タイトルだけを聞くとどんな漫画なのか想像がつかないかと思いますが
カバー写真からは得も言われぬ不気味な感じが伝わってきますよね。

この漫画のジャンルはお察しの通り「サスペンス」です。

 

漫画ゴラクという漫画はかなり地味で
名前すら知らないという人もいるようです。
(私も名前くらいしか知りませんでした)

ただ、この「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」という漫画は
週刊漫画ゴラクの中ではエース的な存在の漫画になっていて

無料アニメアプリ「アニメビーンズ」で見ることが出来ます。

地上波のアニメとはまた一味違いますが
無料アプリで見るのも面白いですよ。

 

「アニメビーンズ」は以下からダウンロードできますので
「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」を見たい方はダウンロードしてみて下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

人気アニメがスマホで見られる無料動画アプリはコレ!
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

アニメビーンズは日本最大級の動画アニメサイト
過去の名作、有名作家の新連載など超人気作品が集結!! 毎日無料で楽しめます!

期間限定で「ギフト±」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】ーアニメビーンズー人気アニメが見られる無料動画アプリ

【Android専用】ーアニメビーンズー人気アニメが見られる無料動画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

また、配信期間が終了している場合がありますので、その際はご了承下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

と、話はそれましたが、アニメに取り上げられるというだけ
人気がある作品だという事ですね~

私も「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」を読みましたが
色々な意味で特徴のある作品になっています。

という事で、「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の面白さと持ち味を話していきましょう!!

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」はどんな作品?

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」は2015年から
週刊漫画ゴラクで連載されている人気漫画です。
ジャンルはサスペンス
作者はナガテユカ、コミックスは13巻が発刊されています。
(平成30年11月21日現在)

 

作者:ナガテユカ
出版社:日本文芸社
掲載誌:週刊漫画ゴラク
掲載期間 2015年4月3日号~
巻数 13巻
(平成30年11月21日現在)




 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の概要とあらすじ

主人公の鈴原環(すずはらたまき)は美人ですが
ちょっと浮いている高校生


(主人公の 鈴原 環)

クールながら、一見普通の高校生に見える環ですが、彼女は

『命は神様からの贈り物だから大切にしなきゃいけない』

という価値観を持っていました。

 

学校内で飛び降り自殺を止めた鈴原環。

彼女の本当の姿は『解体屋』でした。

 

一方、闇医者として臓器移植を生業としている林という医者がいました。

(林医師は偽名で、本当は指名手配中の英琢磨という名前です)


(闇医者をやっている 林医師)

彼の仕事は日本の医療では認められていない臓器移植を行う事。

彼の元に手術の依頼が届いた時、林先生はタカシという男から
質の良い臓器をオーダーして取り寄せるのでした。


(臓器を提供している タカシ)

タカシは環と組み、林医師に臓器を提供するという仕事をしていました。

 

舞台はある刑務所に変わります。

15年前に逮捕され、刑期を終えて出所した男がいました。

この男は模範囚として刑期を終えたのですが
心底では反省の色を見せず、少女をレイプして殺害しようと目論みます。

少女殺害に及ぼうとしたその時、男の後ろに環がいました。

環はスタンガンを使って男性を気絶させ確保。

この男の心臓、腎臓、肺、肝臓、皮膚、眼球と全てに至る部分を
臓器移植という形で再利用すべく、タカシの元で男を解体することが環の仕事でした。

生きている人間の臓器を奪う事は、その人の命を奪う事ですが

その男は五人もの人間を殺し、また一人の人間を殺めようとしていた事から、
命の再利用として臓器を使う事で、人助けが出来る、という価値観の環

「命は大切に使うべき」

という環の言葉はここに繋がるのでした。

 

環と林医師(英琢磨)の関係は明かされていませんが

環を探す林医師、そして林医師(英琢磨)を探す環

 

二人の思いは交わることがないままに
臓器を提供する環と提供される臓器を使う琢磨

近い存在である二人はニアミスを繰り返し日々の生活を送ります。

 

果たして環と琢磨はどういう繋がりがあるのか?

二人は出会う事が出来るのか?

アンダーグラウンドなテーマを扱いながら
シリアスで重いテーマを真正面から描くサスペンス漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

なかなか特徴的な設定ですよね~

この設定から「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の特色がにじみ出ています。

まさに「アングラ」

アンダーグラウンドを地で行くような漫画なんですよね。

決して地上には出てこない

週刊少年ジャンプやマガジン、サンデーでは連載できない設定

このあたりは漫画ゴラクならではの作品という感じですよね~
(漫画ゴラクのイメージを崩していたらすいません 汗)

 

そんなアンダーグラウンド全開の作品である

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」

この重い設定から作られた漫画の魅力
そして、素晴らしさを語っていきたいと思います。

 



 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」のここが凄い!

どこまで進んでも一向に軽くならない重賞級の迫力

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」は臓器売買をテーマとした漫画で
主人公の鈴原環はかなりの強者になっています。

腕っぷしの立つチンピラ相手でも決して引けは取らず
度胸と安定感で連戦連勝を続けるスーパーガールです。

 

ここまで聞くとちょっと爽快感があるのかなぁ

と思うんですが、

ちっとも爽快感がありません。

何か一つ問題が解決したのかと思えば
次の問題がすぐに降りかかってくるし

ここに出てくる悪役達はとにかく救いようのない奴らばっかなんですよね~

 

一つの例として挙げたいのは

自分の娘をレイプする父親
レイプされるのが嫌なら同級生を連れてこい

と、言われて環を誘っちゃうんですよね~

結局は父親は環にやられてしまうんですが

父親も同級生も救いようがね~

と、思ってしまうヘビー級の重さがあります。

 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の重さが分かる例をもう一つ

序盤に出てくる相沢華南という女性キャラクターなんですが
このキャラクターは避妊もせず、色々な男とセックスして
妊娠した挙句、生まれた子供を次々と殺して(放置して)いくんですが

妊娠することに快感を覚えて、セックスをしまくる

というキャラクターなんですよね

 

「うそっーーーん!!」

という感じですよね。

もうこんなキャラクターを出された時点で
例え構成したとしてもハッピーになるはずがありません。

 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」に出てくるキャラクターと
構成されるストーリーは常にこういった重さの連続です。

私が「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」を読んでいた時は

一気読み出来なかったですね~

 

マンガ喫茶とかで読むんですけどね。

 

1冊「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」を読むと

次は明るい気持ちになれる漫画

もしくは何も考えないで読めるような漫画を読んでしまいます。

 

闇金ウシジマくんとか重~い漫画が好きな人には
「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」はピッタリ。


(闇金ウシジマくん)

ずっしりと重い漫画を堪能してください。

 




 

しっかりとバラまかれた伏線、今後のストーリーに期待が持てるサスペンス漫画

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」は現在13巻が発刊されています。

ここまでを読んだ感想になってしまうのですが
結構、色々な伏線がバラまかれているんですよね~

 

主人公の環は自分の体の移植手術をやってくれた琢磨に
特別な感情を頂いていて、琢磨の方も環を常に気にかけているが二人の行方は…

環のビジネスパートナーであるタカシは
環に特別な感情を頂いていながら、環には恋愛対象としてはみて貰えず
琢磨への嫉妬心を抱えながら、臓器解体を闇事業として続けるが…

環の主治医である梨世先生はタカシの愛人かつパートナーとして
色々な情報収集をしていきますが、実は…

タカシの右腕として活躍している加藤は
警視庁の捜査一課にも籍を入れながら
独自の想いを抱えて、タカシと協力するが…

 

ここに曹という人物をトップとする中国の闇社会や
加藤の優秀な犬である中国人のチンピラのリュウが関わってきて

警視庁にいながら臓器移植を調べる桜田と
ひたすらに真実を求めるジャーナリストの広瀬は
身の危険を感じつつ真相に迫ってきて

と、かなり風呂敷を広げてストーリーを展開させているんですよね~

 

これだけ展開を広げて、どうストーリーを収束させるんだろう?

というのが、気になりますし

「もう、この重さに耐えられん!!」

と、思っても続きを読みたくなるんですよね~

 

なので、「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」はただ重い漫画じゃないんですよ。
(それだけじゃきっと人気が出ないですよね~)

サスペンス漫画としても十分に読み応えのある作品に仕上がっていますよ。




 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」の全体評

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」は救いようのない展開で
かなりの重さを持っているサスペンス漫画なので
読む人を選ぶレベルの暗い漫画になっています。

だけれども、ストーリーは筋道が通っていて
重くても見逃せないスリリングな展開を見せてくれます。

ダークサスペンスが好きな人には
「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」を是非読んでほしいですね。

 

 

「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」をすぐ読みたい方は
「マンガPark」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める!
全巻まとめ読み&先読み機能搭載!

もちろん「ギフト±(ギフトプラスマイナス)」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。