【感想・レビュー】ジャイアンキリングはサラリーマンが読むべき愛読書だ!【ネタバレなし】

Pocket

モーニングで2007年から連載されている
人気漫画「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」
(原作:綱本将也、作者:ツジトモ)
について

感想(レビュー)を語ると同時に
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」
の素晴らしさや人生の教訓
などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介する上で若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

日本にあまたあるサッカー漫画について
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」
はどのあたりが特徴的なのか?どのあたりが面白いところなのか?

という点についても語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

です。

 

“「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」”

という言葉は、スポーツなどを見ているとたまに使われる言葉ですが
弱い者が強い者を喰うという事を意味します。

一言でいうと『下剋上』という意味ですね。

という事を踏まえると「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」が
スポーツ漫画であるという事は想像に難くないと思いますが

この漫画は「サッカー漫画」です。

サッカー漫画は昔から数多くの漫画が連載されていて
代表的な漫画といえば週刊少年ジャンプで連載されていた「キャプテン翼」が挙げられますよね。


(キャプテン翼)

キャプテン翼以外にも多くの漫画が連載されていて
週刊少年マガジンで連載されていた「シュート」や
コロコロコミックで連載されていた「頑張れキッカーズ」なども有名な漫画です。

  
(左:シュート  右:頑張れキッカーズ)

日本では野球が最も有名なスポーツなので
野球漫画が一番多く発表されていますが
キャプテン翼を皮切りにサッカー漫画も知名度を上げてきたことで
サッカー漫画を増えてきました。

ただ、「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」は
他のサッカー漫画と比較すると圧倒的に違う面があります。

それは

“選手ではなく、監督を主人公として描いている”

という点です。

このコンセプトによって、今までの主流となっていた

主人公達が人間離れした動きをみせて
超人的なパフォーマンスを見せて活躍する。

という既存の流れをぶっ壊すことに成功しました。

超人的な動きをしない等身大の選手を描くことによって

「本来のスポーツが持っている感動」や
「サッカーと向き合う人間が織りなす苦悩」

などが上手に表現できています。

ここに「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の
凄さと素晴らしさが潜んでいますが
これ以外にも色々と素晴らしい要素があります。

 

私が「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を読んで
面白いと思った魅力を存分に語っていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」はどんな作品?

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」
はモーニングで連載されている人気漫画です。
ジャンルはスポーツ漫画(サッカー漫画)
原作は綱本将也、作者はツジトモ、コミックスは45巻まで発刊されています。
(平成30年1月21日現在)

また2010年にはテレビアニメ化をされました。

 

原作:綱本将也、作者:ツジトモ
出版社:講談社
掲載誌:モーニング
掲載期間 2007年6号~
巻数 45巻
(平成30年1月21日現在)




 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の概要とあらすじ

日本サッカーの1部リーグに所属しているチーム
ETU(East Tokyo Uneited)は
かつて人気チームとして大活躍をしていました。

しかし、チームの中心人物であった主人公達海猛(たつみたけし)が
突然チームを離脱した事でチームはガタガタになり
毎年2部リーグとの降格争いをするような弱小チームに成り下がっていました。


(主人公の達海猛)

そんな状況を危惧したクラブのフロントは
海外でサッカーチームの監督をしているという達海を
ETUの監督に迎えようと動きます。

色々な経緯を経てETUの監督に就任することになった達海健に対して
“ETUの裏切り者”というレッテルを貼り
激しく反発する主将村越茂幸をはじめとして選手たち

そして、ETUの裏切り者を許すまじと反発するサポーター

果たして達海猛はETUを弱小チームから
強豪チームに変えることが出来るのか?

達海猛と選手達・サポーター達は一体となれるのか?

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」は
スポーツとしてのサッカーの魅力を描きながら
サッカーと向き合う全ての人間(監督、選手、フロント、サポーター)の
苦悩や情熱などをしっかりと描いている点
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」が支持された理由だと言えます。

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」をただのサッカー漫画と思うなかれ

『このマンガがすごい!2008年』のオトコ編で6位

『このマンガがすごい!2009年』のオトコ編で3位

を獲得した「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の魅力
そして、素晴らしさを語っていきたいと思います。




 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」のここが凄い!

サラリーマン必読!停滞する人間の特徴の描き方が凄い!

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の主人公達海猛は
広く物事を見る視野を持っており、今までの慣例などを気にしません。

普段、サラリーマンとして働いている人は
仕事をやる上で矛盾を感じている事があっても

“今までこうやっていたから、こうやるんだよ”

と言われて、納得できないながらも渋々過去のやり方を繰り返す。

という事が多々あると思います。

これはサラリーマンの世界に限らず、どこの世界にもある事ですが
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」では
この衝突を実に上手く描いています。

弱小チームなのに、今までのやり方に拘る選手たち

読んでいる方からすると

「いやいや、そのやり方がダメだったんじゃんよ!!」

と思わずにはいられないのですが
立場が逆だったら気持ちは良く分かりますよね。

自分の働いている職場に急に外から来た上司が現れて

「仕事のやり方が効率悪いからすぐに変えなさい」

と言われたらどう思うのか?

当然、反発しますよ。

だけどね、それじゃダメなんですよ。

いくら今までやってきたといっても
効率が悪いならやり方を変えていかないといけないんです。

頭では分かっていても、感情が許さない。

今までやってきたことを否定されたような気がするし
よそ者に何が分かるんだ、と思ってしまう。

変化を拒んで、生きてきた人間にとっては
読んでいて心が痛くなるようなシーンが多々現れます。

変化を拒んではいけないんだ。
どんどん変わって自分を成長させなくてはいけないんだ

という事を考えされてくれる漫画です。

 

たった1つのゴールで涙が止まらない!ヒューマンドラマ結晶だ!

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」に
超人のような選手は登場しません。

全ての選手が多くの悩みを抱えて、その悩みと向き合いながら
プロのサッカー選手として一日でも長く活躍できるよう努力をしています。

ずば抜けた才能を持っていながらそれを発揮出来なくて悩んでいる椿大介


(椿大介)

自分には才能がないと自覚しながら苦しみガムシャラに動く世良恭平


(世良恭平)

上で出した2人を含めた全員が様々な悩みを抱え、壁にぶつかりながら試合に臨んでいます。

サッカーは90分で1,2点しか取れないスポーツです。

試合中に思うように動けなかったり、弱気になってしまったり
ミスをして落ち込んだり、他の選手と上手く連携が取れなくなったり

という多くのジレンマを抱えながら90分で結果を出していくスポーツですが
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」では
このあたりのジレンマの表現が秀逸です。

一般的なスポーツ漫画のように急成長はしないですし
チームも連敗したり、引き分けが続いてたり
現実のサッカーチーム同様、苦しみながらシーズンを戦っていきます。

そんな中で、ある選手がやっと結果を出す時が来る
チームが結果を出す時がくるわけですが

この苦しみ抜いた中で出す結果が涙を誘わずにはいられません。

1シーズンの中のたった1試合、1試合の中のたった1点がここまで感動的なのか

と思わずにはいられないくらい、ヒューマンドラマとしてのサッカーを描きあげています。

“サッカー漫画を見て泣く”

という経験はなかなかしたことないのではないかと思いますが
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」は
間違いなく泣けるサッカー漫画です。

 

試合内容が面白すぎる!

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」は
ヒューマンドラマとしての描き方が秀逸である

という話をしましたが、試合内容も極上です。

誰一人、人間業を超えたスーパープレイをするわけではないのですが
監督である達海猛の戦略、選手個人の頑張りが
見事に絡み合って信じられないくらいドラマチックな展開を見せてくれます。

「1-0で決まる試合をこんなに見事に描ける?」

と思わず読んでいて唸ってしまう内容は見事の一言。

ご都合主義のサッカー漫画はくそくらえ

本当のサッカーの面白さ、試合内容の面白さは
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を見れば全て分かる

と言っても過言でもありません。

サッカーをたっぷりと楽しんでください。

 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の全体評

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」は

サッカーに関わる人間のドラマを見事に描いた漫画であり

そして、サッカー本来が持つ試合内容の
面白さを120%伝えてくれる漫画です。

また、等身大の人間を描いている漫画であることから
自分が成長するためにはどういう事を考えなくてはいけないのか?

という人生に役立つ教訓を多く与えてくれる漫画です。

「サッカー漫画が好き」という人にはもちろん読んでほしいのですが
「サッカーに興味がない」という人でも楽しめる漫画に仕上がっています。

「この漫画は凄い!!」と評判になっているのも納得できる作品なので
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を読んでいない人には是非読んで欲しいですね。

 

 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。

ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。