【感想・レビュー】カラダ探しはホラー苦手な人でも読めるホラー漫画かも【ネタバレなし】

Pocket

少年ジャンプ+で2014年から連載されている
人気漫画「カラダ探し」
(作画:村瀬克俊、原作:ウェルザード)
について

感想(レビュー)を語ると同時に「カラダ探し」
の素晴らしさや人生の教訓
などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、
紹介する上で若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「カラダ探し」の特徴的な面や
どのあたりが面白いところなのか?

という点についても語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「カラダ探し」

です。

 

“カラダ探し”

という不気味な言葉を聞いて分かる通り、この漫画はホラー漫画です。

ただ、ホラー漫画と一口に言っても
ひたすらに恐怖心を与えるようなヘビーな作品と
一定のしっかりとしたストーリーがあってホラーが加わってくる
サスペンスホラーテイストの作品があります。

「カラダ探し」は後者に当たります。

私の個人的な趣向ですが、ひたすらに怖いホラー漫画は見ません。

「だって、夜中トイレにいけなくなるじゃないですか!」

「いい年こいて何、お化けを怖がっているだ!」

と思うかもしれませんが、こればかりは変えようがありません

夜寝るときにふと目を開けたら漫画に出ていた
キャラクターが立っているんじゃないか

と思う時もあるくらいなのでヘビーなホラー漫画は見ません。

そんな私が楽しくみられるくらいですから
「カラダ探し」は割とライトなホラー漫画だと言えます。

あらすじや「カラダ探し」の特徴などは追々話しますが
最初は「うわぁ~(恐)」と思う時はありながらも
徐々に怖さが無くなってきてサスペンス色が強くなるので
読んでいて面白くなってきます。

とりあえずホラー漫画というだけで敬遠する人もいるので
それくらいのホラー度だよ、という事は最初に伝えておきました。

 

という事で「カラダ探し」を私が読んで
面白いと思った魅力を存分に語っていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を2作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「カラダ探し」はどんな作品?

「カラダ探し」は少年ジャンプ+で連載されている人気漫画です。
ジャンルはホラー漫画
原案はウェルザード、作画は村瀬克俊、コミックスは16巻まで発刊されており
現在「カラダ探し 解」が連載されています。
(平成30年1月30日現在)

 

原案:ウェルザード、作画:村瀬克俊
出版社:集英社
掲載誌:少年ジャンプ+
掲載期間
カラダ探し 2014年9月~
カラダ探し 解 201712月~
巻数
カラダ探し 16巻
カラダ探し 解 未発刊
(平成30年1月30日現在)




 

「カラダ探し」の概要とあらすじ

県立逢魔学園に伝わる怪談

50年前にバラバラ殺人の犠牲者となってしまった少女
この少女が「赤い人」として学園に現れる

「赤い人」に遭遇してしまった人は
学園内に散らばらう自分のカラダを探すように頼まれ
そして、その依頼は決して断ることが出来ない。

カラダ探しを依頼された人間は
夜になると学校の校舎に閉じ込められて
強制的にカラダ探しに参加させられる。

そして、校舎内にいる「赤い人」に見つかると殺されてしまう。

しかし、殺されるとカラダ探しをした日の朝に戻ってしまい
死んでもカラダ探しからは逃れらず
延々とカラダ探しを繰り返さなくてはいけない。

そんな地獄のカラダ探しに強制参加をさせられた
主人公の森崎明日香を含む男女高校生6名は
なんども「赤い人」に殺されながらカラダ探しを遂行しようと奔走する。

果たして、森崎明日香達は無事にカラダ探しを終了することが出来るのか?
カラダ探しが終わった後はどうなってしまうのか?

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

今までのホラー漫画では幽霊側を何度殺しても死なないという設定はありましたが
被害者側が殺されても死なないという設定を作ったのは
「上手く作ったな」と思いましたね。

この設定なら幽霊側が相手を殺すシーンを何度でも描けるし
同じ人物が何度も殺されるという設定から
登場人物を乱立しなくてもいい

物語を描く上ではかなりやりやすい設定ですよね。

漫画も時代が進むごとにどんどん洗練してくるんだなぁと
感心しながら「カラダ探し」の素晴らしいところを
語っていこうと思います。



 

「カラダ探し」のここが凄い!

ホラー漫画にあるまじき(?)計算されたストーリー

「カラダ探し」のあらすじについては最初に説明した通りですが
この物語はどんどんと思ってもいない方向に進んでいきます。

カラダ探しが終わったら、物語も終わりなんでしょ

と、思っていたらどんでもない。

カラダ探しを終えた後に発覚する事実で
次なるストーリーがどんどん展開していきます。

かなり綿密にストーリーを練ったんだなぁというのが分かるし
これだけストーリーがしっかりと展開していくと

「もはや、まったく怖さはない!」

状態になります。

怖い気持ちってなんというか本能に訴えるようなものだと思うので
しっかりした物語を見せつけられちゃうと、怖さが吹っ飛んでしまいます。

だから最初の不気味な感じさえ過ぎてしまえばもはやホラー漫画ではない

“それって、本当にいいのか!?”

と思いますが、ゴリゴリのホラー漫画が得意でない私にとっては
もってこいの展開で途中から楽しさが加速していきます。

途中から

「赤い人はもう普通の人でいいんじゃない?」

と思えるほどで、怖さを凌駕する
綿密なストーリー構成は「カラダ探し」の醍醐味だと思いますよ。

 

人としての美しい振る舞いを考えさせられてしまう

「カラダ探し」の中では、学園内で赤い人に殺されて
再びその日の朝に戻ってくるという次元ループ状態の中で問題を解決する

という設定になっています。

先の見えない状態で同じ日が何度も繰り返されるとしたら…

まあ人間であれば一度は想像した事のあるシチュエーションだと思うんですよね。

実際に物語の中でも男性生徒が女性生徒を襲おうとしたり
自分だけが助かろうと思って他の生徒を差し出したり

と色々な事がある訳ですが
結局殺されて記憶がそのままに現実に戻る訳で
人間関係がめっちゃギクシャクしてしまう訳です。

漫画の中では記憶だけが残って、時間が戻る状態になるのですが
これって時間が戻らない私達の人生にも共通することだと思うんです。

人間はピンチに追い込まれたときに本性が出ます。

追い込まれたからといって自暴自棄になって
犯罪に近い行動を取るのはなんか見苦しいですよ。

追い込まれても自分を見失わないためには

“誰が見ていなくても自分が正しいと思う行動をとって生きる”

という事が大切なんだと思います。

絶対的に正しい事なんて、この世にはないので
あくまで自分の基準になると思いますが
“人が見ているところだけいい人ぶる”
みたいなことをしているとすぐに自分を見失いそうな気がします。

漫画は「カラダ探し」ですが、裏テーマとして

「心探し」

という側面もあるのかなと思って漫画を見ていました。

“たぶん、深く考えすぎ”

なんですけどね。

ただ、そう考えたのは事実なので
たかだかホラー漫画でも人生を考えるきっかけになったのは
非常にありがたい事だなぁ

なんて、思いました。

 

「カラダ探し」の全体評

「カラダ探し」はホラー漫画ではありますが、
ただ怖いだけの漫画ではなく、綿密に計算されたストーリーがあり
ホラー漫画であることを忘れてしまうような作品です。

ホラーが嫌いな人でも十分に楽しめる作品ですし
「謎解き」的な事が大好きな人は満足できると思います。

同じ毎日が繰り返されるとしたら、どんな日々を過ごしますか?

私だったら、お金を使いまくって
あんなことやこんなことをしようかなと思います。(自主規制)

ホラーのジャンルを超えたいい作品になっているので
手軽に読んでほしいですね。

 

 

「カラダ探し」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。